容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

トラノイ展

  1. 2017/11/16(木) 11:50:32|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
トラノイは、ブルス、カルーゼル・ド・ルーブルの2か所で開かれ、マレでロンドンのショールームと提携し、会期を少し長めにしたTRANOI WEEKという新しい試みもしていました。

<ブルス会場>

tranoi17.10 tranoi17.10stole

初日に2つの会場を回ったところ、人も多く、活気がありました。ブルス会場は、エレベーターで2階にあげられてしまう順路は変わりませんが、2階のブランドからオーダーを付け始めるバイヤーも多いようで、ストールのファリエロ・サルティのスタンドなどはごった返していた(上の写真右)。
2つの会場で、ベテランの出展者に聞いたところ、どこも初日はランチを食べる時間がないほど混みあっていたそうで、4日間の結果としては、新規のクライアントからもオーダーが入り、まずまず満足のいくものだったとのこと。

<カルーゼル会場>

tranoi17.10 louvre tranoi17.10 louvre2

マレ地区で開かれてた TRANOI WEEKには、ロンドンと韓国のブランドが並んでいましたが、人も少なく閑散としていました。

tranoi17.10week tranoi17.10week2

パリの合同展が曲がり角に差しかかっていると言われるようになってから何シーズンも経ち、少し長めのショールームをするなど新しい試みもしていますが、なかなか突破口が見つけられないというのが、現在の状況ではないでしょうか。
パリ・コレクションのショーの方が勢いを取り戻していることを考えると、合同展に一時の賑わいが戻ってこないのは、残念です。

ただし、今回トラノイのカルーゼル会場で人を集めていたUCFのスタンドの様子を見て、パリの合同展が、今でも本来の役割を果たしていると再確認しました。

<UCFのスタンド>

tranoi17.10 ucf tranoi17.10 ucf2

UCFはトラノイ出展3シーズン目。大阪の上田安子服飾専門学校が生徒の作品をまとめ、クリエーターとしての経験豊富な教員がディレクションをしてブランド化しているコレクションです。クリエーションしようという若々しい意気込みが感じられるスタンドは4日間途切れることなく人が入り、予想以上のオーダーが入るという結果となり、トラノイのオーガナイザー達も好意的で、まわりの日本人出展者も「応援したくなるよね」とエールを送っていました。ここまでは日本でも起こる可能性のあることなのですが、若々しいクリエーションを認め、バイヤー達がその場でオーダーシートに数を入れていくというのは、パリのサロンの底力を示すことのように思われます。
過渡期にあるパリの合同展が一時のような勢いがないのは事実ですが、世界中のプロのバイヤーにコレクションを見てもらえる場であるということだけは、変わっていません。

2017年11月16日







パリ・ファッションウィークの合同展(サロン)

  1. 2017/11/10(金) 16:06:32|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今シーズンのサロンは、1日のずれはありますが、ほとんどが9/28日〜10/2日の間に開かれ、ユダヤの祭日であるヨム・キップールと重なり、日曜日はノーカーデイになるなど、少々ハンディのある状況で、集客については、どこも苦労していたようです。
チュイルリーのテントでの展示会の主催者の発表によると、来場者数は今回22,695人と2016年10月の22,658人とほとんど変わらず、海外からの来場者が60%を占めるという割合も変わらず、トップ5の国(日本、イタリア、アメリカ、UK、スペイン)も同じだったとのこと。

PSM2017.09

まず、服が中心のパリ・シュール・モードは前回と同じコンコルド広場で開かれました。テント全体への来場者数が減っていないとしても、チュイルリー公園のプルミエールクラスからの少しの距離を、コンコルドまで足を運んでくれる人の数が減ったように思われます。
前回同じテントの中で開かれていたアメリカンカジュアル系の展示会Capsuleが抜け、長年出展してきたベテランもいなくなり、Swilden等フレッシュな雰囲気のブランドはトラノイに移ってしまい、寂しい状況となってしまいました。

pc17.09

同じWSNが運営する小物のプルミエールクラスは、PSMよりは賑わっており、オーダーが入っている様子のスタンドも多かったが、2シーズン前に会場が広がってからは、出展への狭き門も広がり、出展ブランドのレベルにばらつきが出ている印象です。

若手の出展の場となっているWOMANは、前回からヴァンドーム広場へと場所を移し、チュイルリーのテントにも近く、回りやすく、広々として見やすくなりましたが、会場のレベルが上がった分だけ出展料が上がり、抜けてしまったブランドもあり、前回のラインナップの方が面白かったように思います。
展示会運営の難しいところですね。

woman 17.09 woman 17.09 2

WOMANは今シーズンも、マレ地区で、少し期間を長くしてshowroomを開いていましたが、前回1階と2階を使っていた会場は1階だけになり、来場者も少なく、静かでした。

トラノイについては次回。

2017年11月10日





ヴァンヴの蚤の市

  1. 2017/10/31(火) 13:16:33|
  2. パリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Vanves(ヴァンヴ)の蚤の市は週末だけ開かれます。パリについてすぐの土曜日の朝Porte de Vanvesに出かけていきました。
いつも右岸のモンマルトル近くに泊まっているので、クリニャンクールには何回か行ったことがありますが、南のヴァンヴは初めて。
並木道に沿って、店が並んでいて、お天気も良く、寒くもなく、フラフラ歩くにはちょうど良い気候でした。

venves vanves2

何でもありで並んでいます
工具でしょうか…ガラクタのように見えますが、結構人がいます

vanves tool

クリムトの花瓶は2つで800ユーロ。高い!!! オーストリア製だと言っていますが…

vanves vases

こういう時は、参加することに意義があると思い、買い物モード全開にして、安くて良さそうなものを探しました。
アクセサリーが欲しかったのですが、いいなあと思うものは結構高く、あきらめて、手に入れた戦利品は以下の通り。
60年代のキーホルダー(3個で6ユーロ)と、ブルーのショットグラス(2つで10ユーロ)

vanves key vanves shot

ショットグラスは、1つ10ユーロというのを値切ったのですが、2つ10ユーロでも少し高かったかも… キーホルダーは、おみやげとしてプレゼントし、喜ばれました。
オペラからでも、サンジェルマンからでも、95番のバスに乗れば終点ですので、パリへ行ったらお天気の良い週末のお散歩にお勧めです。

2018年10月31日






DIOR展@Paris

  1. 2017/10/25(水) 17:59:58|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
パリから戻って2週間ほど経ちました。パリでの販売のフォローと、東京のファッションウィークの展示会等で忙しく、ブログの更新がなかなかできませんでした。
今回のパリ出張は盛りだくさんでしたので、少しずつご報告していきたいと思います。

まず、装飾美術館で、クリスチャン・ディオールのデビューコレクションから70年目という節目に開催されていたエクスポジションの話から始めたいと思います。
ウィークデイのお昼前だったら良いかと思って最初に行った時には、チュイルリー公園あたりまで長い列が出来ていて断念。数日後、11時オープンの30分ほど前から並んで、ようやく入場しました。
装飾美術館の両翼を使った会場スペースは3,000屬曚匹如△修海1947年から現在までのデザインの中から選ばれた300点以上のドレスが展示されていました。

dior newlook

DIORの象徴ともいえるNEW LOOKは、うしろにガリアーノの<NEW LOOK>(向かって左)と、マリア・グラッチア・キウリの作品(右)を従えていました。
装飾美術館のサイトに入れば、写真を見ることができますが、私が心ひかれたコーナーをいくつか紹介していきます。

カラー別に集められた作品は、一つ一つシーズンが違うと思うのですが、しっくりとまとまっていて、楽しいものでした。
dior yellow dior red

ヴェルサイユのお部屋の中でしょうか
dior trianon

お花畑のよう…
dior garden

DIOR時代のドレスですが、刺繍素敵!
dior muget dior muget2

dior folwers dior folowers2

歴代の後継者のドレスが、テーマごとに一緒に並べられている様子はとても興味深いものでした。
Yves Saint-Laurentの若々しいクリエーションはその後の彼自身のブランドの作品より初々しくフレッシュで、John Gallianoのフォルムには圧倒されました。

後半では、それぞれのデザイナーごとに展示がされていました。

サンローラン と ガリアーノ
dior s-laurent dior galliano

このエクスポジションのために組みなおされたというトワルも美しかった!

dior toil

エクスポジションは最終コーナーが残っているのですが、この辺まで来ると、だいぶ疲れてきます…
体力的にも、精神的にも。
このエクスポジションだけが目的でパリへきたデザイナーもいました。
ファッション業界にかかわりない人でも、感じることが多いエクスポジションだと思いますので、どうぞパリまで行ってみてください。1/7日までです。

2017年10月25日









ギフト・ショー 2017秋

  1. 2017/09/19(火) 14:10:21|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ギフト・ショーは、前回から会期を2回に分け、2週間にわたって開かれています。
デザイン要素の強い LIFE x DESIGNが8月末で、ギフト・ショーが次の週の9/6〜8に開かれ、一応、私は両方足を運びましたが、何とか1回にまとめてもらえないだろうかというのが、正直な感想です。
バッタリ会ったバイヤーやデザイナーも、出展者も同じような意見を言っていましたが、両方の会期とも、これまで通り集客しているのでしょうか。

LIFE x DESIGNに行ったのは、8月末のとりわけ暑い日で、会場である東展示棟の奥の奥、第7ホールと第8ホールにたどり着くまでに、結構エネルギーを使いました。

クリエーター・ゾーンはすっきりしていました
giftshow17.09 creator

クリエーター・ゾーンの奥のアウトドア関連の展示が、面白そうで人も多かったです。
giftshow17.09 outdoor giftshow17.09 outdoor2

giftshow17.09 outdoor3

9月に開かれたギフト・ショーは、会場の割り振りがすっかり変わり、西館の方はアジアの国々からの出展者が大きな勢力となっていました。

一等地のアトリウムは韓国エリア!
giftshow17.09 corea

これまで、アトリウムを使っていたクリエーター系のマニコレ・TOKYOや、伝統素材を使ったオシャレっぽい商品は東の奥の第7・8ホールとなり、歩かなければいけない距離が長くなりました。

主催者の説明によると、これまで会場に限りがあったので受け付けられなかった出展希望者も受け入れることができるようになったとのことですが、来場者にとっては、かなり不便な状況となりました。
私は両方行く必要があるだろうか〜と、考え始めています。

東京でも展示会は続きますが、今週末からはパリに行き、パリの2018春夏シーズンの展示会を回ります。ブログはしばらくお休みしますが、10月に戻りましたら、街の様子をご報告します。

2017年9月19日





DTIブログって?

次のページ