容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ギフト・ショー 2017秋

  1. 2017/09/19(火) 14:10:21|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ギフト・ショーは、前回から会期を2回に分け、2週間にわたって開かれています。
デザイン要素の強い LIFE x DESIGNが8月末で、ギフト・ショーが次の週の9/6〜8に開かれ、一応、私は両方足を運びましたが、何とか1回にまとめてもらえないだろうかというのが、正直な感想です。
バッタリ会ったバイヤーやデザイナーも、出展者も同じような意見を言っていましたが、両方の会期とも、これまで通り集客しているのでしょうか。

LIFE x DESIGNに行ったのは、8月末のとりわけ暑い日で、会場である東展示棟の奥の奥、第7ホールと第8ホールにたどり着くまでに、結構エネルギーを使いました。

クリエーター・ゾーンはすっきりしていました
giftshow17.09 creator

クリエーター・ゾーンの奥のアウトドア関連の展示が、面白そうで人も多かったです。
giftshow17.09 outdoor giftshow17.09 outdoor2

giftshow17.09 outdoor3

9月に開かれたギフト・ショーは、会場の割り振りがすっかり変わり、西館の方はアジアの国々からの出展者が大きな勢力となっていました。

一等地のアトリウムは韓国エリア!
giftshow17.09 corea

これまで、アトリウムを使っていたクリエーター系のマニコレ・TOKYOや、伝統素材を使ったオシャレっぽい商品は東の奥の第7・8ホールとなり、歩かなければいけない距離が長くなりました。

主催者の説明によると、これまで会場に限りがあったので受け付けられなかった出展希望者も受け入れることができるようになったとのことですが、来場者にとっては、かなり不便な状況となりました。
私は両方行く必要があるだろうか〜と、考え始めています。

東京でも展示会は続きますが、今週末からはパリに行き、パリの2018春夏シーズンの展示会を回ります。ブログはしばらくお休みしますが、10月に戻りましたら、街の様子をご報告します。

2017年9月19日





ルームス展 2017.9月

  1. 2017/09/14(木) 13:09:52|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月に入って、今年は10月の東京のファッションウィークではなく、9月に展示会を開くブランドが多く、忙しくしています。
ルームスや、アンビアンスなどの合同展も、前倒しにして、9月開催。
ニューヨークやパリの展示会前にバイヤーに見てもらい、予算を確保しようという意図もありますが、生産期間を少しでも長くしようという切実な理由も大きいです。

先週は、五反田で開かれていたルームスに行ってきました。
ルームスは、オリンピックの関係で代々木の体育館が使えなくなるようで、今回から五反田のTOCに会場を移し、一般消費者も入場できるイベントして生まれかわるということでしたが、それほど一般客がいたようにも思えず、内容的には大きな変化は感じられませんでした。
ブランドの展示部分にはバイヤーしか入れませんでしたし。

新鋭のクリエーターを集めたイエローゾーンから始まる構成も変わりません。
ビンテージの着物をリメークしたブランドのデザイナーのイエローゾーンのブース
rooms 17.09 kimono

エシカルコーナーは通路も広くなり、見やすくなった印象
rooms 17.09 ethical

地場産のコーナーには西脇産地のストール、阿波の藍染め、九州の久留米絣などが出展しており、会場全体の構成は、これまでと大きな違いはなかったように思います。
ただし、代々木の体育館では、一つ一つのコーナーが狭く、客席の階段を上ったり下りたりするのが面倒でしたが、TOCの13階のフロワーを使ったスペースは動きやすく見やすかったです。

かなり量販的なイメージの強い五反田のTOCにルームスが移ると聞いた時に、かなり違和感がありましたが、見た後も、「ここでいいのかなあ?」という疑問は消えませんでした。
一般の人にオープンにすると言っても、これまでの「販売」スペースが少し広くなった程度で、買い物客が沢山いたわけでもありません。
合同展は難しい時代にさしかかっていますが、沢山の新人クリエーターを育てたルームスはこれからどうなっていくのでしょう…
次回も五反田で2月の末に開かれるそうです。

2017年9月14日

岡田美術館@箱根

  1. 2017/08/31(木) 14:48:55|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
遅めの夏休みをとって、箱根に行ってきました。
2013年の秋に箱根の小涌谷にオープンした岡田美術館のことが気になっていたのですが、入館料が2800円と驚くほど高く、なかなか行く「勇気」が出ませんでした。
今回は、喜多川歌麿の巨大肉筆画「雪・月・花」を見ることができるというので、暑い都会から脱出し、温泉につかって、歌麿を見ようということになったのです。

岡田美術館のオーナーは、パチンコ・スロット機器のメーカーユニバーサルエンターテイメントの会長岡田和生氏。フォーブス誌の個人資産ランキング(2011年)で日本人14位となった大富豪とのこと。近年は海外で高級カジノを展開しているとか…
岡田氏は、美術館を建てようという構想をもって、地上5階、延べ床面積9000屬曚匹竜霏腓紛間を埋める美術品を十数年であつめたのですから、お金と様々なネットワークがあったということなのでしょう。ちなみに青山にある根津美術館は延べ床面積約4,000屐岡田美術館はその2倍にあたります。
展示されているのは、日本の縄文土器や中国・韓国の古陶磁をはじめ、江戸の有名絵師の絵や、明治以降の日本絵画など、幅広く、見学するにはかなり時間がかかります。
しかし、この夏の来館者の目的は、歌麿の「雪・月・花」です。
この三部作は、栃木の豪商の依頼で、歌麿が栃木で描いたと考えられており、「吉原の花」と「品川の月」はアメリカにわたり、「深川の雪」は1957年に銀座の百貨店で展示された後、行方不明になっていたとのこと。
それが2012年から国内の古美術商で保管されていたことが判明し、岡田美術館が購入したというわけです。

深川の雪
utamaro yuki
なんとこの絵は縦2mX横3.5mもあるのです。こんな巨大な浮世絵、初めて見ました
画面の構成もカラーも素晴らしく、深川芸者の声が聞こえてきそうです。

吉原の花
utamaro hana

吉原らしい春爛漫の華やかさですね。
この展示のためにアメリカの美術館から里帰りしたそうで、2つの作品が並ぶのは138年ぶりとのこと。

もう一枚の「品川の月」は、所蔵するアメリカの美術館から門外不出だそうで、原寸大の精巧な複製が展示されています。
もちろん本物の迫力には負けますが、様子は十分わかります。

10/29日までこの特別展はやっていますので、ご興味のある方は、箱根の紅葉を楽しみながらお出かけになったらいかがでしょう。

2017年8月31日


Espace Louis Vuitton

  1. 2017/08/09(水) 14:27:13|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
久しぶりに表参道に行き、テレビの情報番組で見て気になったEspace Louis Vuittonのダン・フレヴィンのExpositionを見てきました。
Espace Louis Vuittonは、表参道のルイ・ヴィトン の店の7階にあるギャラリーで、時々面白いプログラムを実施しており、入場は無料です。
2014年にパリのブローニュにオープンした美術館フォンダシオン・ルイ・ヴィトンが所蔵する作品の一部を展示するために、つくられたスペースのようです。
今回のフレヴィンの作品も、フォンダシオン・ルイ・ヴィトンのコレクションの中から選ばれたとのこと。

LV flavin

LV flavin2

作品に使っているのは既製品の蛍光灯だそうですが、無機質で、不思議な空間をつくりあげています。冷たくも暖かくもない…
部屋は一つですが、部屋の角を使ってどんな風に見せるかなど、考え抜いて作りだされた空間なのだと思いました。

ルイ・ヴィトンの店は、いかにもラグジュアリーな感じで、かなり入りにくいのですが、7階のギャラリーには右端にあるエレベーターで直接行けますので、表参道に行ったら覗いてみてください。
ダン・フレヴィンの展示は9/3日までです。

2017年8月9日



Mode in France SS2018

  1. 2017/07/31(月) 11:57:54|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週、渋谷で開かれていたモード・イン・フランス展に行ってきました。
フランス婦人プレタポルテ連盟が主催するこの展示会は、1996年から、パリで9月に始まるシーズンの先駆けとして、日本で開催されており、今回は約60ブランドが出展していました。

MinF

MinF2

予想以上に来場者がいて、商談をしているスタンドもかなり見かけました。
主催者の発表によると、毎回、1,000社/1,500人くらいの来場者がいるようです。
ただし、人を集めているのは、帽子、スカーフ、雑素材のカジュアル・バッグなど、小物のブランドが中心。
フレンチテイストのオシャレな小物をアクセントとして店に置きたいということなのでしょう。
服の売れない時代が続きます…

2017年7月31日





DTIブログって?

次のページ