容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

国立西洋美術館

  1. 2017/07/25(火) 12:13:09|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
アルチンボルド展が開かれている上野の国立西洋美術館は、建物そのものがアートでもあります。
1959年に完成したこの美術館は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジェの設計です。
2016年にコルビュジェの作品の一つとしてユネスコの世界遺産としても登録されています。
これまで何度か行ったことのある美術館でしたが、この『器』に注目したことはありませんでした。

たしかに入り口のピロティーは、ゆったりとした空間で、猛暑にもかかわらず、ベンチに座って、おしゃべりしている人が結構いました。見てきた作品の話をしているのでしょうか。

seiyo museum

常設展は広々したホールから始まります。

seiyo museum2

天井の明かりとりの窓から自然光が差し込み、建物を支える丸い柱も堂々としていて美しいです。
そしてスロープを歩いて、次の階へ進んでいきます。
パリのラ・ロシュ=ジャン・ヌレ邸や、サヴォワ邸でもスロープをのぼりましたが、美術館という広い空間にあるこのスロープは、置いてある作品をいろいろな角度から楽しめるスケールの大きさが魅力です。

アルチンボルド展のチケットで常設展も見ることができますので、時間の余裕をもって、建物も楽しんで下さい。

2017年7月25日




アルチンボルド展

  1. 2017/07/15(土) 15:20:41|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上野の西洋美術館でのアルチンボルド展を見てきました。
アルチンボルドは16世紀後半にウィーンのハプスブルグ家の宮廷で活躍した、ミラノ生まれの画家です。
果物や野菜、魚や動物といったモチーフを正確にうつしとり、それらを絶妙に組み合わせてハプスブルグ家を象徴する肖像画にしてしまうのですから、凄い!!!
くすっと笑ってしまうユーモアもあれば、時には不気味な印象さえも与える「奇想」の画家の絵を寵愛したハプスブルグ家の知的レベルと、懐の深さにも感心してしまいます。
目利きのパトロンがいないと、やはり芸術は花開きませんね。

今回のエクスポジションでは、アルチンボルドの代表作である「四季」と「四代元素」(大気、火、大地、水)の連作が一堂に会しています。
ウィーンをはじめ、マドリッド、デンヴァー、リヒテンシュタインなど世界中から集められたようです。
「大気」と「火」は、スイスの個人蔵だというのですから、これもビックリ。

「春」 はお花でいっぱい(右)。ペアになっているのは「四代元素」の「大気」

arcinboldo air arcinboldo spring

「夏」は、アーティチョークやナスなど野菜の組み合わせ(左)。対になっているのは「火」
arcinboldo summer arcinboldo fire

実りの「秋」は「大地」と、一年の始まりである「冬」は「水」と向き合って飾られています。
西洋美術館のサイトを開くと絵が出てきますので、見て下さい。
「四季」シリーズ以外にも、庭師、ソムリエ、コック、司書(下の作品)などもユーモラスで面白く、楽しみました。

arcinboldo library

入り口の「あなたもアンチンボルト〜」というコーナーも、ITを駆使した面白い仕掛けでした。
額の前にたつと、センサーで感知するらしく、アンチンボルト風にデフォルメされた顔が出現し、スマホでどうぞ撮影して下さいというサービスぶり。
子供達には少し難しかったのか、大人の方が喜んでいました。

arcinboldo face

私も試してみたら…

arcinboldo face2

似てる? 似てない???

シュールレアリストのダリも驚いたという超シュールなアルチンボルドの作品展は、9/24日まで。
ご興味がおありなら、夏休み前の方が良いかもしれません。

2017年7月15日


クマガイソウ

  1. 2017/07/03(月) 12:17:14|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
新聞に 「野生ランの王者」と呼ばれる 「アツモリソウ」の話が出ていて、軽井沢で見た 「クマガイソウ」のことを思い出しました。
「熊谷草」と「敦盛草」の名は、平家物語の若武者敦盛の最期の話からとられてるとのこと。
一之谷の合戦で敗れた平家を追っていく中で、自分の子供のような年齢の平敦盛の首を泣く泣く討ちとったのが熊谷直実。
ふわっと風船のように膨らんだ花の姿が、昔の武者が後ろからの矢を防ぐために背負った母衣(ほろ)に似ているので、平家物語の武者の名前がペアでつけられたようです。

アツモリソウも、クマガイソウも、現在では絶滅危惧種に指定され、保護されており、5月に「軽井沢町植物園」に行った時に、大事に育てられ見事に花をつけているクマガイソウに出会いました。

kumagaisou

kumagaisou 2

アツモリソウは、長野県富士見町で大事に育てられているとのこと。
新聞記事によると、ようやく残っている自生地には防獣網をはり、盗掘抑止のカメラを置いて守り、難しい人工栽培にも取り組んでいるようです。

atsumorisou

たしかにアツモリソウは、クマガイソウによく似ています。
両方とも、地元の方々の努力で絶滅の淵から救われつつあるようですが、初夏の森の奥に咲く悲劇のシンボルともいえる優雅な花を盗掘したりしないで欲しいものですね。

2017年7月3日



Interiorlifestyle展 WANTED!

  1. 2017/06/21(水) 13:12:59|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週14-16日にビッグサイトで開かれていたインテリアライフスタイル展に行ってきました。
今回の来場者は27,421人、出展者数787社(国内645社、海外142社)と、ギフトショーなどに較べれば規模は小さいのですが、ちゃんとデザインされた商品が並ぶ、日本の中ではトップクラスの展示会です。

今回は特に、アトリウムのWANTEDというコンセプトが面白く、楽しみました。

interior2017.06 interior2017.06 2

デザイナーや製造工場をWANTED ! コラボレーションやポップアップショップをWANTED ! など、出展者のバラエティに富んだ WANTED ! が、西部劇に出てくるようなポスターの形で表現されています。

パリの展示会にも参加している山形のニットメーカーのコーヘンさんも小物をつくって初出展。

interior2017.06 3 interior2017.06 4

ディレクターの顔が、そのまま「指名手配」のポスターに…

たしかに展示会は、WANTED! の場ですね。
アトリウムがなかなか楽しい場となっていたので、プロデュースした江口宏志氏に興味を持ち、少し調べてみました。
ブックショップ UTRECHT(ユトレヒト)等を立ち上げ、作り手の個性を様々な方法でプレゼンテーションして評判となったそうですが、その後、南ドイツの蒸留所で修行し、現在は千葉県大多喜町の元薬草園に蒸留所を設立しようと活動中。
エッ 蒸留所ってどういうこと???と、思ってさらに調べると…

mitosayaという会社の代表として、蒸留所設立のために、クラウドファンディングで支援を募っていました。
https://readyfor.jp/projects/mitosaya

1987年に大多喜町に設立された千葉県立薬草園は、16000屬良瀉呂500種類の薬用植物を植え、薬用植物の知識普及のために運営され、その後大多喜町に譲渡されましたが、2015年末に閉園。
mitosayaは、この場所を引き継ぎ、敷地内で栽培している植物、果実などを原料にして、ボタニカル・ブランデーをつくるプロジェクトを始めようとしているというのです!
ボタニカル・ブランデーというのは聞いたことがないと思いますが、ヨーロッパで 「オー・ド・ヴィ」と呼ばれ、Eau de Vieはフランス語で、「命の水」という意味です。
私も、パリで、フランボワーズのEau de Vieをおみやげに買ってくることがありますが、透明なブランデーからふわっとフランボワーズの香りがして、とてもオシャレな感じです。
大多喜町で、どんな「命の水」ができるのしょうか。楽しみですね。

展示会から話がそれてしまいましたが、ユニークな展示空間をつくりあげるには、こういう人の力が必要なのだと、納得していただけたのではないかと思います。
蒸留所設立のクラウドファンディングは、8000円から出来るようで、薬草園の見学や、出来上がったブランデーの割引購入など、いろいろコースがあり、私は、どうしようかと考え中…

2017年6月21日


天空のしゃくなげ園

  1. 2017/06/09(金) 11:13:08|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
軽井沢で新緑を楽しんだ次の日は、浅間高原のしゃくなげ園へ。
「浅間高原」と言っても、軽井沢から山を越えた向こう側で、群馬県の嬬恋村になります。
イメージ戦略の為か、そのへんの別荘地は「北軽井沢」と呼ばれているようですが…

15万株のしゃくなげが咲く高原のしゃくなげ園のニュースをテレビで見て、急に決めていったのですが、浅間の麓に広がるしゃくなげ園から見る景色は、北海道ともヨーロッパとも思えるような雄大なものでした。

遠くに雪をかぶった谷川岳も見えます。
まさに、「天空のしゃくなげ園」!!! 
shakunage

shakunage 2

後ろには浅間山。 薄緑色の林はカラマツですね
shakunage 3

shakunage asama

shakunage hana shakunage hana2

このしゃくなげ園は、村有地だそうで、基本的には無料ですが、この季節にはテントがはられ、仮設トイレもありますので、協力金を少しだけお支払いしました。
なんと坂井さんという方が個人で、苦労してこの地でしゃくなげ栽培が出来るようにし、何万本も寄付し、その意気に感じた嬬恋村の村民がボランティアで造園したというのですから。
説明して下さるボランティアの方々もいらして、「自慢のしゃくなげを楽しんでいってください」という気分があふれていました。

いくつかの違った種類のしゃくなげが植えられていますので、6月に入った今は、屋久島シャクナゲが咲いているようです。
信州側から車で山を越えていったのですが、「しゃくなげ園」ではナビに出てこないので、少し迷いました。事故を避けるため農道を一方通行にして誘導しているので、ナビには出てこないのですね。
曲がり角にはグリーンの旗がたっていますので、いらっしゃる時はその目印通りに進んでください。

2017年6月9日






DTIブログって?

次のページ