容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

Versaillesの虹

  1. 2019/01/15(火) 13:00:16|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1月も半ばとなり、成人式も終わってしまいましたが、今年初めてですので、一応新年のご挨拶を。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

お正月らしい話題をと思いましたが、お正月にお参りに行った近所の天神様の梅は、どうしたわけか、まだ咲いておらず、空気の澄んだ冬に散歩道から見える富士山も雲に隠れ…
そこで年末年始にパソコンの中の整理をしていて見つけた「蔵出し写真」をお届けすることにしました。
2014年の秋にパリで見たヴェルサイユのLee U Fanの写真がお正月にピッタリでしたので。
もちろん、2014年に帰ってきてから一度ご報告したのですが、お正月バージョンということで、再度登場です。

Lee U Fanは韓国人のアーティストで、日本をベースに活動しており、直島に美術館もあります。
2014年に、ヴェルサイユに招かれ、壮大な宮殿の庭に彼の作品が並べられました。
その中心となる作品が『虹』。 お正月にピッタリの虹の写真を!

Lee niji

Lee niji2

噴水には本物の虹
Lee niji3

Lee niji4

この時、ヴェルサイユの広い庭を、私は初めて歩きました。
『虹』以外の作品も圧倒的な存在感を発しているのですが、ヴェルサイユの庭にしっくりなじんで、不思議な感じでした。

Lee naminami

Lee mori ishi

虹のむこうに楽しいことが待っていて、2019年が良い年となりますように!

2019年1月15日

Rue du Bac

  1. 2018/12/28(金) 12:32:51|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ジャコメッティ展をやっていたマイヨール美術館に行く時は、メトロのrue du Bac(リュ・ド・バック)駅で降りて、rue du Bacを歩いて行きます。
そのままずーっと歩いて行くとボンマルシェの裏に出る道で、私のお気に入りの場所の一つです。
Bacというのは音楽家のバッハのことですので、日本語にすればバッハ通り。
シックな7区らしい道で、オシャレなお花屋さんや、カフェ、パティスリ、ショコラチエが並んでいます。

そこに突然、カフェの並ぶ新しいパッサージュが出現しました。
パッサージュというのは、PASSする(=抜けていく)ところという意味で、広いラスパイユ通りに抜けていくことが出来ます。

bac bac2

bac3

Beau Passageと名付けられたこの場所に、有名なシェフ達がカジュアルなカフェを開いたということのようです。

bac4

すぐ近くにある知り合いのライフスタイル・ショップに寄って、マダムに聞いてみたら、「パリは街をそぞろ歩くのが良いのに、オープンテラスのカフェばかり集めててもね… 寒い冬にはどうするのよ」と懐疑的でした。
この反応も、パリらしい。
確かに、rue du Bacをフラフラしながら、おみやげのチョコレートを買って、お花屋さんの店先で立ち止まって季節を感じる…というのが、パリらしいかもしれません。

bac fleur

bac fleur2

では、このきれいなお花屋さんの写真で、今年のブログは終わりにします。
皆さん、良い年をお迎えください。

2018年12月28日

ジャコメッティ展

  1. 2018/12/20(木) 13:03:54|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
10月のパリの話に戻ります。
ジャコメッティは、1901年にスイスで生まれ、パリを拠点に活動していた彫刻家。
その細い細い作品は、誰もが一目見れば、「あっ、ジャコメッティ」と分かるくらいに、独特なフォルムです。

jecometti


昨年、東京でも回顧展が開かれていましたが、気になりながら行くことが出来ませんでした。
今回パリに行った時に、私が気に入っているミュージアムの一つ、マイヨール美術館でジャコメッティ展をやっていたので見てきました。
ジャコメッティは、パリへ来た当初は、シュールレアリストとして活動していましたが、1935年ころからは離れ、一人でこの細い細い像を作っていたようです。
余分なものをそぎ落とし、そぎ落とし、進んでいったらここに行きついたのでしょうか…

jacometti2 jacometti3

うしろの壁にうつる影の様子も含めて、素敵でした。

jacometti4 jacometti5

パリは、ピカソ美術館や、マイヨール美術館など、古い建物を生かした小さなミュージアムが魅力的です。
Gilets jaunes(ジレ・ジョーン 黄色いベスト)のストが続き、週末の騒ぎがおさまらないようですが、もし年末年始にパリに行かれる方がいらしたら、ジャコメッティ展を覗いてみて下さい。
場所はボンマルシェの裏(61 rue de Grenelle, 75007 Paris)、2月3日までやっています。

2018年12月20日


小諸のツリーハウス

  1. 2018/12/06(木) 15:42:19|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
小諸の懐古園から千曲川の対岸を見上げると、川沿いの断崖の上に広い台地が広がっています。
今回の信州ツアーでは、その台地の上のツリーハウスに行ってみました。
インスタントラーメンで財を成した安藤百福(1910〜2007)の生誕100年を記念して、子供たちの自然体験活動を推進するために設立された「安藤百福センター」に隣接する林の中に、楽し気なツリーハウスが点在しています。
センターの正面には浅間山や高峰山が連なり、千曲川沿いの畑も見渡せ、素晴らしい景色です。
現在、NHKの朝ドラで百福さんのことがとりあげられているので、混んでいるのではないかと思いましたが、お客様は私達以外にはいませんでした。

佐藤オオキが率いるデザイン オフィスnendoのbird-apartment

bird appart

佐藤可士和がデザインした「間」

kashiwa ma

オオムラサキのツリーハウス (KANIKAPILA DESIGN 代表:姉川たく)

oomurasaki

チーズハウス (Play set products)

cheese

Birds Eye View (Noma Bar イスラエル人アーティスト)
グリーンの鳥も景色を楽しいでいます。

bird eye

「百福センター」もまわりの風景にとけこんだオシャレな建物でした。
後で分かったことですが、設計は隈研吾。 さすがです!

momofuku kuma

ツリーハウスへの梯子は外されていましたが、きっとハウスにのぼって鳥になった気分を体感できる日もあるのではないでしょうか。
入場は無料。
まわりには、トレッキングできる5つのコースが整備されているようですので、次回は歩きやすい靴を履いて行ってみましょう。

2018年12月6日




前山寺の「未完成の塔」

  1. 2018/11/30(金) 14:49:59|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先々週の週末に、信州に温泉旅行に行ってきました。
カエデの紅葉は終わっていましたが、カラマツのオレンジがシックで、山々はゴブラン織り…
ヨーロッパのような景色ですね。

shinsyu 2018.11

asama2018.11

上田駅で新幹線を降りたら、晴れているのに12℃で、さすがに寒く、もこもこダウンを着こんでいったのも正解だったと思いましたが、少しは観光もしようと、別所温泉近くの前山寺に車で向かいました。

zenzanji

前山寺は812年に空海が開いたという古いお寺。 桜も藤もきれいで、紅葉も美しいようですが、今回は銀杏も散った後でした。
でも、上田の街まで見渡せる眺望も良く、三重塔が秋の山に映え、大満足。
この三重塔は、2階〜3階には窓もなく、「未完成」だとか。未完成とはいえ、フォルムは美しく、「未完成の完成の塔」と呼ばれているそうです。

上田のこのあたりはマツタケの産地としても有名で、マツタケを求めて、販売所と思われる山の中のレストランまで登っていきましたが、採れたてのマツタケの販売は10月末頃までで、少し遅かったようです。

稲刈りは終わり、本格的な冬に向かって、南天が真っ赤な実をつけていました。
南天の赤は、我が家の南天よりずーっと鮮やか!

shinsyu 2018.11 2

nanten

2018年11月30日




DTIブログって?

次のページ