容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

トラノイ展

  1. 2017/11/16(木) 11:50:32|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
トラノイは、ブルス、カルーゼル・ド・ルーブルの2か所で開かれ、マレでロンドンのショールームと提携し、会期を少し長めにしたTRANOI WEEKという新しい試みもしていました。

<ブルス会場>

tranoi17.10 tranoi17.10stole

初日に2つの会場を回ったところ、人も多く、活気がありました。ブルス会場は、エレベーターで2階にあげられてしまう順路は変わりませんが、2階のブランドからオーダーを付け始めるバイヤーも多いようで、ストールのファリエロ・サルティのスタンドなどはごった返していた(上の写真右)。
2つの会場で、ベテランの出展者に聞いたところ、どこも初日はランチを食べる時間がないほど混みあっていたそうで、4日間の結果としては、新規のクライアントからもオーダーが入り、まずまず満足のいくものだったとのこと。

<カルーゼル会場>

tranoi17.10 louvre tranoi17.10 louvre2

マレ地区で開かれてた TRANOI WEEKには、ロンドンと韓国のブランドが並んでいましたが、人も少なく閑散としていました。

tranoi17.10week tranoi17.10week2

パリの合同展が曲がり角に差しかかっていると言われるようになってから何シーズンも経ち、少し長めのショールームをするなど新しい試みもしていますが、なかなか突破口が見つけられないというのが、現在の状況ではないでしょうか。
パリ・コレクションのショーの方が勢いを取り戻していることを考えると、合同展に一時の賑わいが戻ってこないのは、残念です。

ただし、今回トラノイのカルーゼル会場で人を集めていたUCFのスタンドの様子を見て、パリの合同展が、今でも本来の役割を果たしていると再確認しました。

<UCFのスタンド>

tranoi17.10 ucf tranoi17.10 ucf2

UCFはトラノイ出展3シーズン目。大阪の上田安子服飾専門学校が生徒の作品をまとめ、クリエーターとしての経験豊富な教員がディレクションをしてブランド化しているコレクションです。クリエーションしようという若々しい意気込みが感じられるスタンドは4日間途切れることなく人が入り、予想以上のオーダーが入るという結果となり、トラノイのオーガナイザー達も好意的で、まわりの日本人出展者も「応援したくなるよね」とエールを送っていました。ここまでは日本でも起こる可能性のあることなのですが、若々しいクリエーションを認め、バイヤー達がその場でオーダーシートに数を入れていくというのは、パリのサロンの底力を示すことのように思われます。
過渡期にあるパリの合同展が一時のような勢いがないのは事実ですが、世界中のプロのバイヤーにコレクションを見てもらえる場であるということだけは、変わっていません。

2017年11月16日







パリ・ファッションウィークの合同展(サロン)

  1. 2017/11/10(金) 16:06:32|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今シーズンのサロンは、1日のずれはありますが、ほとんどが9/28日〜10/2日の間に開かれ、ユダヤの祭日であるヨム・キップールと重なり、日曜日はノーカーデイになるなど、少々ハンディのある状況で、集客については、どこも苦労していたようです。
チュイルリーのテントでの展示会の主催者の発表によると、来場者数は今回22,695人と2016年10月の22,658人とほとんど変わらず、海外からの来場者が60%を占めるという割合も変わらず、トップ5の国(日本、イタリア、アメリカ、UK、スペイン)も同じだったとのこと。

PSM2017.09

まず、服が中心のパリ・シュール・モードは前回と同じコンコルド広場で開かれました。テント全体への来場者数が減っていないとしても、チュイルリー公園のプルミエールクラスからの少しの距離を、コンコルドまで足を運んでくれる人の数が減ったように思われます。
前回同じテントの中で開かれていたアメリカンカジュアル系の展示会Capsuleが抜け、長年出展してきたベテランもいなくなり、Swilden等フレッシュな雰囲気のブランドはトラノイに移ってしまい、寂しい状況となってしまいました。

pc17.09

同じWSNが運営する小物のプルミエールクラスは、PSMよりは賑わっており、オーダーが入っている様子のスタンドも多かったが、2シーズン前に会場が広がってからは、出展への狭き門も広がり、出展ブランドのレベルにばらつきが出ている印象です。

若手の出展の場となっているWOMANは、前回からヴァンドーム広場へと場所を移し、チュイルリーのテントにも近く、回りやすく、広々として見やすくなりましたが、会場のレベルが上がった分だけ出展料が上がり、抜けてしまったブランドもあり、前回のラインナップの方が面白かったように思います。
展示会運営の難しいところですね。

woman 17.09 woman 17.09 2

WOMANは今シーズンも、マレ地区で、少し期間を長くしてshowroomを開いていましたが、前回1階と2階を使っていた会場は1階だけになり、来場者も少なく、静かでした。

トラノイについては次回。

2017年11月10日





ギフト・ショー 2017秋

  1. 2017/09/19(火) 14:10:21|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ギフト・ショーは、前回から会期を2回に分け、2週間にわたって開かれています。
デザイン要素の強い LIFE x DESIGNが8月末で、ギフト・ショーが次の週の9/6〜8に開かれ、一応、私は両方足を運びましたが、何とか1回にまとめてもらえないだろうかというのが、正直な感想です。
バッタリ会ったバイヤーやデザイナーも、出展者も同じような意見を言っていましたが、両方の会期とも、これまで通り集客しているのでしょうか。

LIFE x DESIGNに行ったのは、8月末のとりわけ暑い日で、会場である東展示棟の奥の奥、第7ホールと第8ホールにたどり着くまでに、結構エネルギーを使いました。

クリエーター・ゾーンはすっきりしていました
giftshow17.09 creator

クリエーター・ゾーンの奥のアウトドア関連の展示が、面白そうで人も多かったです。
giftshow17.09 outdoor giftshow17.09 outdoor2

giftshow17.09 outdoor3

9月に開かれたギフト・ショーは、会場の割り振りがすっかり変わり、西館の方はアジアの国々からの出展者が大きな勢力となっていました。

一等地のアトリウムは韓国エリア!
giftshow17.09 corea

これまで、アトリウムを使っていたクリエーター系のマニコレ・TOKYOや、伝統素材を使ったオシャレっぽい商品は東の奥の第7・8ホールとなり、歩かなければいけない距離が長くなりました。

主催者の説明によると、これまで会場に限りがあったので受け付けられなかった出展希望者も受け入れることができるようになったとのことですが、来場者にとっては、かなり不便な状況となりました。
私は両方行く必要があるだろうか〜と、考え始めています。

東京でも展示会は続きますが、今週末からはパリに行き、パリの2018春夏シーズンの展示会を回ります。ブログはしばらくお休みしますが、10月に戻りましたら、街の様子をご報告します。

2017年9月19日





ルームス展 2017.9月

  1. 2017/09/14(木) 13:09:52|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月に入って、今年は10月の東京のファッションウィークではなく、9月に展示会を開くブランドが多く、忙しくしています。
ルームスや、アンビアンスなどの合同展も、前倒しにして、9月開催。
ニューヨークやパリの展示会前にバイヤーに見てもらい、予算を確保しようという意図もありますが、生産期間を少しでも長くしようという切実な理由も大きいです。

先週は、五反田で開かれていたルームスに行ってきました。
ルームスは、オリンピックの関係で代々木の体育館が使えなくなるようで、今回から五反田のTOCに会場を移し、一般消費者も入場できるイベントして生まれかわるということでしたが、それほど一般客がいたようにも思えず、内容的には大きな変化は感じられませんでした。
ブランドの展示部分にはバイヤーしか入れませんでしたし。

新鋭のクリエーターを集めたイエローゾーンから始まる構成も変わりません。
ビンテージの着物をリメークしたブランドのデザイナーのイエローゾーンのブース
rooms 17.09 kimono

エシカルコーナーは通路も広くなり、見やすくなった印象
rooms 17.09 ethical

地場産のコーナーには西脇産地のストール、阿波の藍染め、九州の久留米絣などが出展しており、会場全体の構成は、これまでと大きな違いはなかったように思います。
ただし、代々木の体育館では、一つ一つのコーナーが狭く、客席の階段を上ったり下りたりするのが面倒でしたが、TOCの13階のフロワーを使ったスペースは動きやすく見やすかったです。

かなり量販的なイメージの強い五反田のTOCにルームスが移ると聞いた時に、かなり違和感がありましたが、見た後も、「ここでいいのかなあ?」という疑問は消えませんでした。
一般の人にオープンにすると言っても、これまでの「販売」スペースが少し広くなった程度で、買い物客が沢山いたわけでもありません。
合同展は難しい時代にさしかかっていますが、沢山の新人クリエーターを育てたルームスはこれからどうなっていくのでしょう…
次回も五反田で2月の末に開かれるそうです。

2017年9月14日

Mode in France SS2018

  1. 2017/07/31(月) 11:57:54|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週、渋谷で開かれていたモード・イン・フランス展に行ってきました。
フランス婦人プレタポルテ連盟が主催するこの展示会は、1996年から、パリで9月に始まるシーズンの先駆けとして、日本で開催されており、今回は約60ブランドが出展していました。

MinF

MinF2

予想以上に来場者がいて、商談をしているスタンドもかなり見かけました。
主催者の発表によると、毎回、1,000社/1,500人くらいの来場者がいるようです。
ただし、人を集めているのは、帽子、スカーフ、雑素材のカジュアル・バッグなど、小物のブランドが中心。
フレンチテイストのオシャレな小物をアクセントとして店に置きたいということなのでしょう。
服の売れない時代が続きます…

2017年7月31日





DTIブログって?

次のページ