容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

石内都 「肌理(きめ)と写真」

  1. 2018/02/13(火) 11:06:29|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ishiuchi

横浜美術館で開かれている石内都の写真展を見てきました。
銀座の資生堂ギャラリーでメキシコの画家フリーダ・カーロの遺品の写真を見てから、石内都の他のシリーズも見たいと思っていました。

<YOKOSUKA STORY>

ishiuchi yokosuka ishiuchi yokosuka2

彼女は1947年、群馬の桐生市生まれですが、育ったのは横須賀。
1970年代後半から独学で写真を始め、横須賀や横浜で撮った写真をモノクロームで発表し、あっという間に注目されるようになったようです。
少し年代が違いますが、彼女が写真に撮った横浜の金沢八景や、山下町の近くで、私は生まれ育ちました。写真の中の八景や弘明寺や真金町や山下町に、その時期に行ったことはないのですが、ものすごく懐かしい光景でした。

多摩美大で織りを学んだ石内都は、テキスタイルの魅力を表現するのも上手です。

ishiuchi meisen

ishiuchi meisen2

2つめの部屋の魅力的な銘仙の着物は、石内の生まれ故郷桐生で2011年に撮影されたもの。
大正・昭和の女性たちが普段着にしていた銘仙は、斬新なデザインで、カラーも明るくモダーン。
身に着けていた女性たちの溌溂とした姿が目の前に浮かびます。

この部屋で、もう一つ驚いたのがアメリカ人デザイナーのリック・オウエンスの亡くなったお父様の着物でした。

<Rick Owens’ Kimono>

ishiuchi rick ishiuchi rick2

調べてみたところ、数年前に95歳で亡くなったお父様は、ファッションの仕事をしていたわけではなく、戦後、進駐軍の一員として日本に滞在していた時に着物を集めたようです。
懐疑的なソーシャルワーカーだったと、リック・オウエンスは父親のことを話していますが、美しい着物を選んだ審美眼は、リックに引き継がれたということですね。

最後の部屋には、石内の亡くなったお母様をはじめ、フリーダ・カーロ、広島の被爆者の遺品の写真が並んでいます。
桐生の銘仙を撮り始めたのも、広島で絹の服がしなやかに残っていることに触発されたからとのことですが、女学生が着ていたと思われるワンピースは、今見てもカワイイ!
テレビ番組のインタビューで、石内自身が「私が可愛く撮っているのよ!」と笑っていましたが…
「遺されたもの」の写真から、ここでも着ていた人の姿が浮かんできます。
お母様はおしゃれな人だったのだろうなあと思いましたし、フリーダ・カーロのカラフルな遺品には鬼気迫るものがありました。
ヒロシマのワンピースからは、穏やかな瀬戸内の街で過ごしていた女学生たちのフツーの暮らしが浮かんできます。

ishiuchi kasuri ishiuchi button

バラのボタンは、平成の若いデザイナーも使いたいと言いそうです。
左の白いワンピースは白絣のようでした。私は、久留米絣に関わる仕事をしていた時に、同じような白絣を織元で買って、ジャケットを作って着ています。
これを着ていた女学生も、ちょっとオシャレに白絣をワンピースにしてみたのでしょうか。

2007年に、ほんの1回のつもりで出かけて行った広島に、石内は毎年出向いて撮影を続けています。
「毎年新しい遺品が入ってくるから、それに呼ばれて行っているの」
「広島では、まだ戦後は終わっていないのよ」と、石内の言葉です。

もう一つあった「無垢」という部屋には傷跡シリーズが並んでおり、<不知火の指>は石牟礼道子さんの手足を接写したものでした。
この写真を見た直後に、石牟礼さんの訃報を新聞で読み、『苦海浄土』も終わっていないというメッセージも受け取ったように思います。

「時間を写し撮った」写真展は、3/4日までやっています。

2018年2月13日









グリーンランド / 中谷芙二子+宇吉郎展、

  1. 2018/01/26(金) 13:31:51|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
銀座のエルメスに行って、中谷宇吉郎と娘さんの芙二子さんのエクスポジションを見てきました(というより、体験してきました!)
銀座に出ていく用事があったので、エルメスでは何をやっているかしら…と、インターネットで調べてみたのですが、フワフワと霧のようなものがかかった写真では何をやっているかよく分からず、興味がわきました。
中谷宇吉郎という名前も、聞いたことがあるけれど、どんなアーティストだったかしらと思っていたら、あの雪の結晶をつくった科学者の中谷宇吉郎だったのです。
次女の芙二子さんはアーティストで、お姉さんは地質学者、妹さんはピアニスト! 人の一生は育つ環境と遺伝子で決まるのですね。
宇吉郎氏が亡くなる前の4度の夏を過ごした北極圏のグリーンランドに出向き、姉妹で拾ってきた石も展示されていました。
「グリーンランドに行くときは、パパはいつも楽しそうだった。体調がすぐれなくても、『グリーンランドに行けば風邪もなおるさ』と言って、ママを困らせ、嬉しそうに出かけて行った(笑)」という、お姉さんの咲子氏の言葉からも、ファミリーのグリーンランドに対する思いがよく分かります。

お父さんの宇吉郎さんの研究についても説明されています。
hermes nakaya

メゾンエルメスのガラスのブロックを背景に、霧の世界を表現したパフォーマンスは圧巻でした。
ガラスブロックをグリーンランドの氷の世界に見立てたのですね!

hermes fog

hermes fog2

hermes fog3

hermes fog4

hermes fog5

水をつかった「霧の彫刻」は姿を消しました。

中谷芙二子さんは、1933年生まれ。最初に「霧の彫刻」を出現させたのは1970年の大阪万博のペプシ館というのですから、時代の何歩も先を歩いていましたね。
霧に包まれるビルバオのグッゲンハイムの映像も、会場で流されていましたが、素敵でした。

「雪は天から送られた手紙である」というのは、中谷宇吉郎氏の有名な言葉ですが、大雪と大寒波で混乱する私達に、天が雪に託したメッセージは何だったのでしょうか…
エルメスでの展示は3/4日までやっていますので、霧のメッセージを聞きにいらしてください。
不思議な体験が出来ますよ。
入場無料!

2015年1月26日










DIOR展@Paris

  1. 2017/10/25(水) 17:59:58|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
パリから戻って2週間ほど経ちました。パリでの販売のフォローと、東京のファッションウィークの展示会等で忙しく、ブログの更新がなかなかできませんでした。
今回のパリ出張は盛りだくさんでしたので、少しずつご報告していきたいと思います。

まず、装飾美術館で、クリスチャン・ディオールのデビューコレクションから70年目という節目に開催されていたエクスポジションの話から始めたいと思います。
ウィークデイのお昼前だったら良いかと思って最初に行った時には、チュイルリー公園あたりまで長い列が出来ていて断念。数日後、11時オープンの30分ほど前から並んで、ようやく入場しました。
装飾美術館の両翼を使った会場スペースは3,000屬曚匹如△修海1947年から現在までのデザインの中から選ばれた300点以上のドレスが展示されていました。

dior newlook

DIORの象徴ともいえるNEW LOOKは、うしろにガリアーノの<NEW LOOK>(向かって左)と、マリア・グラッチア・キウリの作品(右)を従えていました。
装飾美術館のサイトに入れば、写真を見ることができますが、私が心ひかれたコーナーをいくつか紹介していきます。

カラー別に集められた作品は、一つ一つシーズンが違うと思うのですが、しっくりとまとまっていて、楽しいものでした。
dior yellow dior red

ヴェルサイユのお部屋の中でしょうか
dior trianon

お花畑のよう…
dior garden

DIOR時代のドレスですが、刺繍素敵!
dior muget dior muget2

dior folwers dior folowers2

歴代の後継者のドレスが、テーマごとに一緒に並べられている様子はとても興味深いものでした。
Yves Saint-Laurentの若々しいクリエーションはその後の彼自身のブランドの作品より初々しくフレッシュで、John Gallianoのフォルムには圧倒されました。

後半では、それぞれのデザイナーごとに展示がされていました。

サンローラン と ガリアーノ
dior s-laurent dior galliano

このエクスポジションのために組みなおされたというトワルも美しかった!

dior toil

エクスポジションは最終コーナーが残っているのですが、この辺まで来ると、だいぶ疲れてきます…
体力的にも、精神的にも。
このエクスポジションだけが目的でパリへきたデザイナーもいました。
ファッション業界にかかわりない人でも、感じることが多いエクスポジションだと思いますので、どうぞパリまで行ってみてください。1/7日までです。

2017年10月25日









岡田美術館@箱根

  1. 2017/08/31(木) 14:48:55|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
遅めの夏休みをとって、箱根に行ってきました。
2013年の秋に箱根の小涌谷にオープンした岡田美術館のことが気になっていたのですが、入館料が2800円と驚くほど高く、なかなか行く「勇気」が出ませんでした。
今回は、喜多川歌麿の巨大肉筆画「雪・月・花」を見ることができるというので、暑い都会から脱出し、温泉につかって、歌麿を見ようということになったのです。

岡田美術館のオーナーは、パチンコ・スロット機器のメーカーユニバーサルエンターテイメントの会長岡田和生氏。フォーブス誌の個人資産ランキング(2011年)で日本人14位となった大富豪とのこと。近年は海外で高級カジノを展開しているとか…
岡田氏は、美術館を建てようという構想をもって、地上5階、延べ床面積9000屬曚匹竜霏腓紛間を埋める美術品を十数年であつめたのですから、お金と様々なネットワークがあったということなのでしょう。ちなみに青山にある根津美術館は延べ床面積約4,000屐岡田美術館はその2倍にあたります。
展示されているのは、日本の縄文土器や中国・韓国の古陶磁をはじめ、江戸の有名絵師の絵や、明治以降の日本絵画など、幅広く、見学するにはかなり時間がかかります。
しかし、この夏の来館者の目的は、歌麿の「雪・月・花」です。
この三部作は、栃木の豪商の依頼で、歌麿が栃木で描いたと考えられており、「吉原の花」と「品川の月」はアメリカにわたり、「深川の雪」は1957年に銀座の百貨店で展示された後、行方不明になっていたとのこと。
それが2012年から国内の古美術商で保管されていたことが判明し、岡田美術館が購入したというわけです。

深川の雪
utamaro yuki
なんとこの絵は縦2mX横3.5mもあるのです。こんな巨大な浮世絵、初めて見ました
画面の構成もカラーも素晴らしく、深川芸者の声が聞こえてきそうです。

吉原の花
utamaro hana

吉原らしい春爛漫の華やかさですね。
この展示のためにアメリカの美術館から里帰りしたそうで、2つの作品が並ぶのは138年ぶりとのこと。

もう一枚の「品川の月」は、所蔵するアメリカの美術館から門外不出だそうで、原寸大の精巧な複製が展示されています。
もちろん本物の迫力には負けますが、様子は十分わかります。

10/29日までこの特別展はやっていますので、ご興味のある方は、箱根の紅葉を楽しみながらお出かけになったらいかがでしょう。

2017年8月31日


国立西洋美術館

  1. 2017/07/25(火) 12:13:09|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
アルチンボルド展が開かれている上野の国立西洋美術館は、建物そのものがアートでもあります。
1959年に完成したこの美術館は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジェの設計です。
2016年にコルビュジェの作品の一つとしてユネスコの世界遺産としても登録されています。
これまで何度か行ったことのある美術館でしたが、この『器』に注目したことはありませんでした。

たしかに入り口のピロティーは、ゆったりとした空間で、猛暑にもかかわらず、ベンチに座って、おしゃべりしている人が結構いました。見てきた作品の話をしているのでしょうか。

seiyo museum

常設展は広々したホールから始まります。

seiyo museum2

天井の明かりとりの窓から自然光が差し込み、建物を支える丸い柱も堂々としていて美しいです。
そしてスロープを歩いて、次の階へ進んでいきます。
パリのラ・ロシュ=ジャン・ヌレ邸や、サヴォワ邸でもスロープをのぼりましたが、美術館という広い空間にあるこのスロープは、置いてある作品をいろいろな角度から楽しめるスケールの大きさが魅力です。

アルチンボルド展のチケットで常設展も見ることができますので、時間の余裕をもって、建物も楽しんで下さい。

2017年7月25日




DTIブログって?

次のページ