容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

『霧の森』

  1. 2018/02/02(金) 16:02:14|
  2. イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週エルメスで見た中谷芙二子の霧のエクスポジションの中に、子供たちが霧の中で遊んでいるメルヘンチックな映像があったのが気になり調べたところ、立川にある昭和記念公園の中に、その『霧の森』はあるようです。

fog showa

fog showa2


1992年に完成したこの『霧の森』には、今でも3月〜10月の間、10:00AM〜16:00PMの毎正時(00分)と30分から15分の間、霧が現れ、消えていくようです。
天候によって、霧の表情が違うのでしょうね。
昭和記念公園には、他にも楽しい仕掛けがあるみたいですし、春になれば次々お花も咲くようなので、一度遠足気分でかけてみることにしましょう。

2018年2月2日

港町のバラ園

  1. 2017/05/19(金) 18:13:38|
  2. イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
横浜の港あたりのお花畑とバラ園のご報告第二弾です。
天気の良い日に山下公園と港の見える丘公園に行ってきました。
バラは見頃をむかえています!

山下公園
yamashita p yamashita p2

港の見える丘公園は、お隣のイギリス館などの洋館の薔薇園と一続きになっていて、いかにも港町らしい風情です。

oka Park oka Park2

イギリス館は、イングリッシュガーデン風ですね

oka Eng

今年はバラを堪能しました!

oka park rose oka park rose2

花フェスは6/4日に終わりますが、港の見える丘公園のバラ園は「常設」ですから、もうしばらくお花を楽しめると思います。
東横線とつながったみなとみらい線の終点「元町・中華街」でおりて、改札脇のエスカレーターに乗れば、フランス山の階段を上らなくても上の方まで行けます。

2017年5月19日






花フェス@よこはま

  1. 2017/05/08(月) 12:29:12|
  2. イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
連休はお天気に恵まれ、気持ちの良い毎日でしたね。仕事に戻った今日も、五月晴れ!
私は、遠出はしませんでしたが、「全国都市緑化よこはまフェア」(役所らしい、固いネーミング!)の会場である、港周辺にお散歩に行ってみました。
チューリップは終わりつつありますが、バラが見頃をむかえ、どこもきれいでした。

赤レンガ倉庫

flower renga flower renga2

赤レンガ倉庫はちょうどドイツのビール祭りを開催中。
昼間から、みんなビールを片手に楽しそう。

flower beer flower beer2

象の鼻バーク
ここは自然派ガーデン。

flower zou flower zou2

県庁前の日本大通りはバラ園となっていました!

rose fes rose fes2

rose fes3 rose fes4

山下公園にも港の見える丘公園にもバラ園があるようなので、そちらにも行ってみたいと思っています。
6/4日までです。

2017年5月8日




酉の市 2016

  1. 2016/11/14(月) 18:15:09|
  2. イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
あっという間に11月となり、寒くなってきました。
先週の11日は一の酉で、今年は23日の休日が二の酉。きっと23日はどこの神社も混むだろうと思い、冷たい雨が降る中、浅草の鳳神社まで行ってきました。
夕方早目の時間だったのですが、もう沢山の人が出ていて、参拝するには長い列に並ばなければいけない状況でした。

torinoichi 16

torinoichi 16 2

寒い中並ぶのは避けて、熊手の並ぶ夜店の方にわき道から入り、お参りは、脇の方から…

あちこちから 「家内安全、商売繁盛」の威勢のいい声と、手拍子が聞こえてきます。

torinoichi 16 3 torinoichi 16 4

私も、ミリビス・ジャパンと、パリのからあげ屋さんと、その他頼まれた熊手をいくつか買って、ヨー シャンシャンシャン、シャンシャンシャン、シャンシャンシャンと、来年の幸せを祈ってもらいました!

2016年11月14日





Christian Dior展

  1. 2014/12/08(月) 17:09:49|
  2. イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
銀座で開かれているChristian DiorのExpositionを見てきました。
DIORは、最初からクチュリエとしての道を歩いていたのではなく、ピカソ、ブラック、マティス、ダリなどがパリに集まってきた1920年代に、画廊を開き、エリック・サティなどとキャバレーにくりだし、ディオール自身がピアノに向かうこともあったというのを初めて知り、とても驚きました。
dior picasso

1929年の大恐慌のため、画廊主としてDIORのアバンチュールは終わりますが、クチュリエとしてメゾンを立ち上げてからも、アーティスト達とのつながりは途切れず、その伝統は現在のラフ・シモンズまで受け継がれています。
2013-14AW アンディ・ウォホールの作品をモチーフにしたバッグ
dior andy

2007年SSのオートクチュールコレクションには、北斎の波も登場。
2007年といえば、ガリアーノの時代ですが、彼のことには一言も触れていないのも面白いですね。
dior hokusai

DIORがモンテーニュ通り30番地のサロンでコレクションを発表し始めたのは1947年ですが、ニュールックの象徴とも言えるBar Jacketは、21世紀の今でも古びていません(左下)。最近のドレスも素敵です(右下)
dior bar J dior dress

トワルも展示されていて、DIORのアトリエをのぞいた気分になりますよ。
dior toil

1/4日までやっていますので、ぜひ見に行って下さい。
入場無料です!

2014年12月8日






DTIブログって?

次のページ