容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

クレー展

  1. 2011/07/27(水) 12:48:51|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
国立近代美術館で開かれている 「パウル・クレー おわらないアトリエ」展(7/31日まで)を見てきました。クレーというと、谷川俊太郎の詩集に登場する「天使」が目の前に浮かんでくる私にとっては、想像していたのとは少し違ったエクスポジションでした。
「おわらないアトリエ」というテーマが示すように、クレーがアトリエでどんな風に工夫して作品をつくったかというプロセスを説明する展覧会だったのです。素描をなぞって転写した後、水彩絵の具や油彩で色をつける「転写」技法や、一度仕上げた作品を切って、回転させて、また合体させたり、裏表両面描いたり… 様々なテクニックが解説されていましたが、画家がアトリエの中で悩み、考えだした技法を駆使して、絵を描いている様子を想像すると、なんだか胸が痛んできました。
例えば、美術館の入り口の告知板にあった絵は、一度切って、もう一度つなぎ合わせたもの。
クレー展

色はきれいで、楽しめる絵がたくさんありましたが、頑張って説明してある技法の方は、いまひとつピンときません。数ヶ月前に、NHKで伊藤若冲の「技法」を解き明かす番組をやっていましたが、金色を使わずに裏彩色を駆使して鳳凰の羽をゴールドに輝かせたり、モノトーンの墨絵のぼかしの技を計算しつくして使っていたり、テレビを見ながら、何度も「すごい!」と驚き、感動しました。しかし、クレーの技法ついては、「ふむ、ふむ、そうか」という感じで、驚きは感じませんでした。日本の『技』はそれを作り出す手と深く結びつき、西洋のテクニックはロジックから生まれてくるのではないだろうか… そんな風に感じながら、少し消耗して(暑さのせいもあるかも…)、会場をあとにしました。

表へ出ると、入り口脇の現代彫刻の前で、子供が二人、熱心にお絵かき
もう夏休みなのでしょうか… ほっとする光景でした。
近美

夕方6時近く。陽は傾いてきていますが、まだまだ暑いお堀端。
途切れることなくジョッギングする人がすれ違って行きます…
お濠

2011年7月27日


ロンハーマン

  1. 2011/07/16(土) 11:02:00|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
カリフォルニアのビーチ並みの太陽がふりそそぐ週末の午後、千駄ヶ谷のロンハーマンの店に行ってきました。6月の半ばに、サザビーリーグの本社の1Fの店が、全面ロンハーマンとしてリニューアルオープンしたとのニュースを読んで、どんなお店になったのか、是非見てみたいと思っていたのです。

エッ ここはどこ? 湘南? それともカリフォルニア?
千駄ヶ谷の一角に突然出現した海の家…
ロンハーマン

ロンハーマン2

節電のためか、店内が少し暗かったので、「あれ、週末なのにお休みなのかしら?」と、思ってガラスに顔を近づけのぞいてみたら、もちろんやっていました。以前からある服の品揃えの店はほとんどそのままで、スターバックスだったところがCAFÉになり、サザビーの雑貨が置いてあった売場がビーチサイドの家のような雰囲気となり、小さな部屋に区切られたコーナーに、アクセサリー、ホームウエア、グラス類等の食器、インテリア雑貨などが並べられ、ロンハーマンのライフスタイルを提案する店となっていました。もちろんサーフボードやウエットスーツも並んでいます。入り口のすぐ横には、フラワーショップ、一番奥のコーナーには、「ソープトピア」という初めて見るカラフルな石鹸が置いてありました。カリフォルニアから日本初上陸のナチュラルソープなのだそうです。記事に載っていたデュプレックスの空色の特注グラスを楽しみにしていたのですが、売場にはありませんでした。もう、売れてしまったのでしょうか…

そんな中で、私が、一番気に入ったコーナーは、子供のお絵かきコーナー!!!
低めの机と、小さな椅子、机の上には、お絵かき用の画用紙とクレヨンが置いてあり、ママのお買い物を待つ女の子が(おそらく)お祖母ちゃんと一緒にお絵かきに励んでいました。クレヨンは画用紙をはみ出し、机の上に… でも、店のスタッフは慌てもせず、ニコニコ見ていました。カリフォルニアのロンハーマンのショップにも、きっとこのコーナーあるのでしょうね。

土曜日の午後、バギーを押しているファミリーや、若いカップルなど、お客さんが沢山入っていましたが、買っているというより、見ている感じ。滞留時間が結構長いわりには、レジに向かう人が少なかったですね。私と同じような、様子見のお客さんが多かったということでしょうか。

ロンハーマンを出て、東京体育館の50mの深いプールで久しぶりに泳ごうと思い、千駄ヶ谷駅方向に坂を上っていくと、鳩森神社の境内に面白そうな輪がかかっているのを発見! これをくぐると厄除けになるとのこと。大きな木のある境内は、涼しい風が吹き、別世界でした。
東京も歩くと、まだまだ面白いものにぶつかりますね。

鳩森神社

2011年7月16日

ちいバス

  1. 2011/07/07(木) 16:01:10|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東京の街を走っている“ちいバス”を見かけたことありますか?
それぞれの区が走らせているようですが、港区は、田町から六本木を回るもの、六本木/赤坂あたりを回るもの、港区役所から麻布十番/広尾を回るものなど、路線がいくつかあります。一時間に3本くらいしか走っていないので、なかなか乗る機会がありませんでしたが、先日東麻布の登記所に行った帰りに、麻布十番から乗車! 小ぶりのバスですが、十番から広尾までは都バスと同じ路線を走って、100円ですから、得した気分です。ちゃんと時刻表を調べて、「今日は遅かったわね」などと言いながら、乗り込んでくるお年寄りも多く、地域の足として定着しつつあるのだなと感心しました。

有栖川公園前のちいバス乗り場
ちいバス

ご参考までに路線図
ちいバス2

神宮前の裏道にも渋谷区のちいバスが走っているのを見ましたから、すこし不便なあのあたりをリサーチする時に使ってみたら良いのでは?

2011年7月7日

DTIブログって?