容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

傘ふり場 at Atre

  1. 2011/11/23(水) 17:19:56|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週の土曜日、大雨の降る中、用事があって恵比寿に行きました。少し時間があったので、アトレによって少しリサーチ。恵比寿のアトレは、上に本屋さんがあり、MUJIも成城石井もあるので便利です。まだクリスマス気分ではありませんが、土曜日の午後、結構人が入っていました。1時過ぎに遅めのランチを食べようと思ってレストランフロアーに上がったら、ほとんどの店に列が出来ており、家族連れもかなりいました。ウィークデイとは客層が違いますね。

入り口に面白いものが置いてあったので、思わず写真を撮ってしまいました。

傘ふり場

なんと、傘ふり場です!
濡れた傘をここで振って、水分を飛ばせということ…
雨の日に、百貨店やショッピングセンターの入り口にプラスティックの傘カバー装着(?)装置が登場したのはいつ頃だったでしょう… 今では、どこの店でも雨の日には入り口に出ていますね。あれもヨーロッパなどでは見たことありませんが、この「傘ふり場」はそれ以上に日本的ではありませんか? しばらく見ていましたが、入ってくる人が、結構自然にここに傘を入れて振っているのです。 「アレー!?」と思ったのは私だけだったのか…
床が濡れると滑りやすいし、傘のしずくで商品が濡れる可能性もあるので、雨傘用プラスティックカバーが使われるようになったのだと思いますが、使い捨てのカバーはもったいないという事で、この傘ふり場は登場したのでしょうか。 これから、他の店の傘カバー装着装置もこれに変わっていくのか、雨の日にはチェックしてみたいと思います。

2011年11月23日



sacaiの店

  1. 2011/11/14(月) 19:09:06|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
9月の初めにオープンしたサカイの店を見て来ました。青山の骨董通りから入った細い道の、そのまた奥まったところにあり、通りすがりにお客が入ってくることはほとんどなく、その店を目的にやって来る人のための店ですね。
夕方日が落ちてしまったので暗いですが、道路から100mほど入ったマンションの1階と2階を店にしています。
sacai

内装を建築家の藤本壮介がしたというので、とても興味がありましたが、「内装」というより、sacaiと一緒に「空間」を創ったという感じがします。写真でも分かるようにベースはホワイト。白いレンガを積んだような壁、2階に上がる階段の吹き抜けの明るさ、鏡を沢山使った広さの演出、広々とゆったりした試着室、店の奥にある細長いマンションの庭をそのまま生かしたグリーン… どれも大変新鮮な感じがしました。 コンクリートのうちっぱなしがむき出しになっている部分もありましたが、安藤忠雄のきっちりかっちりのコンクリートとは違い、ボルトが飛び出し、適当に汚れていて(本当は、計算しつくされているのだと思いますが…)、どこか暖かい、新しい「うちっぱなし」を創り出していました。これが21世紀の新しい風なのかもしれません。
店の『器』だけではなく、中身のサカイのコレクションにも感心しました。これまで伊勢丹や10コルソコモ等セレクトショップで、断片的に商品は見ていましたが、これだけ勢揃いしたラインナップを見るのは初めてで、ヨーロッパでも日本でも売れているというのが納得できる商品構成でした。カットソーと布帛を組み合わせたヤング向けの1〜2万円台のプルオーバーやワンピースから、30万円近いジャケット+ビーズ飾りまで、魅力的な商品が並んでいました。しかも、それが全部コーディネートしようとしたら出来るのです!
ショップを一つ見ただけで、新しい『風』を感じ、ずいぶんと楽しい気分になることが出来ました。

2011年11月14日


横浜へ!

  1. 2011/11/07(月) 11:53:25|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ブログを少しお休みしてしまいましたが、実は10月末に、事務所をホームタウンである横浜に移したのです。以前から、化粧品のラベル貼りの作業や保管の為に、もう少し広い場所が欲しいと思っていましたが、広尾のビルの8階で3月11日の地震にあい、その後の混沌とした状況の中で様々な事を考え、「横浜へ帰ろう」と決心しました。

インターネットとのアクセスを無線LANにしたところ、古いパソコンの能力がついていかないようで、通信状況がかなり不安定。 通信が時々「微弱」になる不安な状況の中で、ブログ更新しているところです。

先週県庁へ行き、化粧品の許可証を受け取り、馬車道の登記所で新しい登記簿謄本をとるなど、事務手続きを進めるため、港の辺りを歩きました。
県庁裏の海岸通りからランドマークタワーが見えます
海岸通り

登記所もこんなレトロな建物
登記所

都心からほんの30分くらいしかかからないのですが、横浜は港町としての独特の雰囲気を持っています。東京の賑わいと較べると『田舎』と言えばそうなのですが、生まれ育った街ですので、歩いていると『地元』という気分がしてきます。不思議なことに、これは20年間活動のベースにしていた広尾には、一度も抱いた事のない感覚。
新しい環境の中で、気分もあらたに、ライフスタイルを少し変え、省エネを心がけながら、仕事をしていきたいと思っています。

2011年11月7日


DTIブログって?