容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

Hotel de Villeのオート・クチュール展

  1. 2013/03/30(土) 16:22:03|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
パリ滞在中に、オテル・ド・ヴィルで開かれていた“パリ・オートクチュール展”を見てきました。
オテル・ド・ヴィルはパリ市庁舎。そのホールで開かれていたエクスポジションは、ファッション博物館ガリエラのアート・ディレクター、オリビエ・サイアールがプロデュースしたもので、フランスの最も重要な文化の一つであるオート・クチュールを紹介する格調高いものでした。

会場はこんな感じ
haute couture

haute couture2

オート・クチュールは、19世紀にパリで生まれ、初期のウオルトなどが活躍したのはナポレオン三世の時代です。会場には、初期のウオルト、ポワレ、ヴィオネから、シャネル、バレンシアガ、ディオール、サンローラン、カルダン、ゴルチエなど100点以上の作品が展示され、そのほとんどが、今シーズンの「商品」だと言っても、違和感のないモダーンなものでした。
エクスポジションは7/6日まで行われていますので、パリへ行く機会がある方は、ファッションという域にだけとどまらず、職人のテクニックと美意識が生んだアートを見にいらして下さい。入場無料ですが、少し並ぶかもしれません。
(Hôtel de Ville Salle Saint-Jean:. 5 rue de Lobau, 75004 Paris )

2013年3月30日



rue du Bacの花屋

  1. 2013/03/26(火) 14:43:05|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
オルセー美術館の裏にrue du Bac (リュ・ドゥ・バック = バッハ通り)という通りがあり、南に下って行くとコンランショップ、ボンマルシェにたどり着きます。 パティスリ、パン屋、ブラスリーなど、パリらしいオシャレな店が並んでいます。服を売る店もありますが、ファッションというよりアール・ド・ヴィーヴルを提案するような店が多く、サンジェルマンから少し足をのばして、このあたりを歩くのも楽しいです。rue du Bacのお花屋さんのディスプレイはいつも素敵です。
bac花屋

bac花屋2

雪が舞っている寒い日でしたが、小さなお花屋さんの店先だけは、春でした。

2013年3月26日

オルセー美術館

  1. 2013/03/14(木) 16:16:46|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
長い間ブログをお休みしてしまいました。
2/22日からパリコレクション時期の2nd セッションの展示会のために、再びパリに行っていました。
寒かったです! 2/22日金曜日の夕方にパリに着いた時の気温がなんと氷点下1度。その週末にリサーチしようと思っていたのですが、雪が舞い、最低気温-5度で、日中も0度をこえず、外歩きはあきらめ、久しぶりにオルセー美術館に行ってきました。改装後見やすくなったと評判なのですが、絵の並べ方のストーリーも分かりやすく、とても良かったです。
オルセー

オルセーは、駅舎を改装してつくったミュージアムなので、入ると正面の大きな時計が迎えてくれます。私がパリで学生をしていた80年代には、ジャンルイ・バローとマドレーヌ・ルノーがここで芝居をしていました。残念ながら、私はその芝居を見ていませんが、「元駅舎」のお芝居、素敵だったと聞いています。スクラップド・ビルドで、壊してしまうのではなく、時代にあわせて建物を使い続けていけるというのは、日本の状況を考えるうらやましい気がします。

天井のレリーフも、照明ランプもシック。
オルセー天井

オルセー ランプ

印象派の絵を見るために5階へ。
みんなまず、大きな時計の前で記念写真を撮っています。時計の向こうはサクレクール。オルセー 時計

いくつかの小部屋を行ったり来たりしながら、印象派の絵を堪能しました。
日本の展覧会と違って、本当に間近で見られるので、作家の息遣いが伝わってくるような気がしてきますね。

オルセー ベンチ
会場のあちこちに置いてあるオシャレなベンチに座って、小休止。
「あれ?! これはたしか…」と、ベンチの作家を確かめたら、日本人デザイナーの吉岡徳仁でした!

外歩きをしなかったにもかかわらず、この日の寒さに驚いて、何年ぶりかで私は風邪をひきこみ、フラフラしながらの出張となりました。

2013年3月14日









DTIブログって?