容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

5月のCAFE (in 代官山)

  1. 2013/05/30(木) 13:44:10|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
青山から代官山へまわり、DAIKANYAMA T-Siteへ。
代官山駅から歩いて5分ほど、ヒルサイドテラスの先にあり、山手通り沿いです。
蔦屋が「文化の森」として、2011年12月にオープンした複合施設で、敷地面積なんと4000坪! 水戸徳川家の御屋敷があった場所だそうです。 施設の中心は蔦屋ですが、ここにも面白い飲食店があります。
DAIKANYAMA T-Siteがオープンしてから、代官山の人の流れが変わったそうです。

まず蔦屋
大きな建物の中に、書籍、CD、DVD、文房具、トラベルカウンターなど、「ないものがない」お店とのこと。
蔦屋のオーナーの夢を形にしたと聞いていますが、この大きさでは、利益は到底出ないでしょう…
蔦屋 代官山

2階にAnjinという面白いCAFÉがあります。ライブラリーカフェとでもいうのでしょうか。
アンジン アンジン2
古い平凡パンチなどが壁いっぱいに並んでいて、コーヒーを飲みながら、手にとって読むことが出来ます。
ブルーノートの経営だそうで、グラスでシャンパンも飲めるみたいです。

外に出ると、広々とした庭の中に、IVY PLACEという名の3つの業態(レストラン、バー、カフェ)の店がならんでいます。
このIVY PLACEの運営をしているのも、TY EPRESS。
Ivy Ivy2
Ivy3 Ivy4

CAFÉの前の大きな木は、江戸時代からあったのでしょうか…
広いお庭には、敷地から出てきた巨大な石も置いてあり、緑の中を歩きながら色々想像してしまいました。
平日の午後でも沢山人がいましたが、お休みの日に大人が一日遊べる施設ですね。

2013年5月30日








5月のCAFE (in 青山)

  1. 2013/05/28(火) 14:06:00|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週、飲食の店舗に詳しい知人に案内してもらって、東京のCAFÉのリサーチをしました。
とても面白かったので、ご報告を。
まず青山のスパイラルの裏の約350坪という広い敷地に、昨年秋にオープンした大型の食の空間をご紹介します。

1965年に芦原義信が設計した日本郵船の青山社員倶楽部を、全面改装し、寺田倉庫の子会社TY Expressが3つの食の店舗を運営しています。
「あれっ、ここ何だったかしら? 青山にこんな広々とした空間があったなんて!」と、かなりびっくりしました。

カフェのcrisscross
テラス席50席店内は12席。9時〜23時まで営業していて、自社製の地ビールも飲めます。
先週土曜日にも、青山に出たので、ここでビッグなサンドイッチとビールでランチしましたが、なかなか気持ち良かったです。
cafe ty 青山

CAFÉの脇にはベーカリー Breadworks
TY EXPRESSが最初にオープンした食の店は、天王洲のTY Harber Brewery。そこにもこのベーカリーがあり、青山店は2店舗目です。
CAFÉでランチした後、ベーカリーでパン・ドゥミを買いました。一緒に置いてあった雑穀の入ったパンとどちらにしようか迷っていたら、そちらのパンも一枚切って、袋に入れてくれました!
このサービスにもちょっとビックリ…
ベーカリー 青山

奥にあるのが、レストランCICADA
cicada

広尾の西麻布寄りにあった店をここに移したのですが、水が流れ、南の島のリゾートを思わせる雰囲気で、様子をガラッと変えました。

5月はテラス席を楽しむには一番の季節。平日も土曜日も、沢山人が待っていましたが、木のまわりにベンチがあって、みんなのノンビリ腰かけて、その時間も楽しんでいる様子。
緑がいっぱいのカフェで、時代の空気を感じました。

2013年5月28日






ララポート横浜

  1. 2013/05/20(月) 12:11:14|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ZARA HOMEが4月末にララポート横浜にオープンしたというので、見に行ってきました。
「横浜」と言っても、八王子行きの横浜線に乗って新横浜の少し先で、遠いです。郊外型のショッピングセンターですから、中心地にないというのは当然ですが。
鴨居の駅から送迎バスに乗って10分ほど。
ララポート ララポート2

H&M、Forever21、ZARA、GAP、Diesel、Old Navyなど、海外のチェーンが勢ぞろい。
ユニクロは、改装中。館内にはグリーンが多く、今風です。
やはり家族連れが多いですね。
ララポート ユニクロ

Banana Republic、COACHなども入っていて、少しビックリ。
バギーを押しているお母さんが、ここでBanana Republicの服を買うでしょうか???

4/24日にオープンしたZARA HOME。
ザラHOME

オープンしたばかりなので、人は結構入っていましたが、みんな様子見をしている感じ。
パリにZARA HOMEがオープンした時には、オペラの店を見に行き、シンプルな食器などが安く、重いので持って帰れないのが残念と思いましたが、日本へ輸入するとその「割安感」は薄れますね。パリでは2〜3ユーロの白いマグカップが、680円でしたから、あまり安いという感じはしません。
ドアノブや、カーテン用のタッセルなど、パリと同じ商品が並んでいましたが、日本で売れるのかなあと思いましたし、日本の消費者を相手にするにはクオリティが低過ぎるのではないでしょうか。

こちらは5/14日にオープンした100円ショップのDaiso
Daiso

さすがと思わせる品揃えで、一緒に行った友人は文房具を、私は庭仕事用の軍手を買ってしまいました。

2013年5月20日





信州国際音楽村

  1. 2013/05/11(土) 12:24:33|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
糸川邸のすぐそばの信州国際音楽村は、水仙が満開でした。
音楽村 水仙 音楽村 水仙2

この信州国際音楽村の「ホールこだま」の音響を手伝ったのが縁で、糸川博士はこの地に移り住むことになったとのこと。
カラマツの集成材を骨組みに使用した、すべて木造りのホールは、収容人数300人のこじんまりとした、アットホームな雰囲気。この日は地域のピアノ教室の発表会が開かれるということで、盛装した小さなアーティストが集まってきていました。

野外の「パノラマステージひびき」は、浅間山をバックに眺望も素晴らしく、ステージの後ろの壁をオープンにすることもでき、解放感にあふれています。
こちらも木造り。
音楽村 野外S

宿泊施設のある研修センターが併設されていて、使用料も格安。
「信州国際音楽村」は、地域の子供たちが豊かな自然の中で、感性豊かに育っていくようにと願って、当時の農林省の補助金を使い、丸子町の人々と、財団法人信州国際音楽村が協力し合い、沢山のボランティアの方々の力を借りて実現したものだそうです。
施設が素晴らしいので、もう少し有効活用する方法はないものかと、考えてしまいました。
旅をすると、あちこちで、助成金で建てられた『箱モノ』 (美術館や「多目的」ホールなどなど)に出あいます。信州国際音楽村は、かなり頑張っているほうだと思いますが、文化施設は建てる以上に、企画を立てて運営していく方が難しいですね。
まずは、練習場所を探している若者グループ(中高年でも良いですが…)がいらしたら、使ってみて下さい。夏の夕方、野外コンサートなどしたら、とても気持ち良さそうですが、いかがでしょうか?

2013年5月11日




惑星イトカワと信州丸子

  1. 2013/05/05(日) 13:39:30|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
話が前に戻りますが、花見旅の2日目に東御市に住む友人の家の近くに、面白いCAFÉがオープンしたので行ってみようということになりました。。
そのCAFÉは、新潟県上越市の古民家を移築した、立派な建物です!
糸川邸

実は、この家には、丸子町(現上田市)を気に入り、日本初のペンシルロケットを開発した糸川英夫博士(1912-1999)が、晩年の10年間住んでいらしたそうです。糸川先生と親しくしていた地元に住む工芸作家が、お仲間と一緒に、先生が大事にしていたこの家の『空気』を、沢山の人に感じて欲しいと、「じねんや糸川」という喫茶店を今年の2月にオープン。100坪ある広い家は、ギャラリーやイベント会場としても利用可能とのこと。店名の「じねん」は「自然」の読みで、「自然を受け入れて生きて」と話していた博士の思いを反映させたのだそうです。

玄関を入るとこんな感じ。
梁も柱も太く立派で、すすで黒くなったのではなく、漆を塗ってあるそうです。
糸川邸 柱

階段を上った3階にはロフトのようなお部屋があり、地元の方が会合に使っていらっしゃいました。
壁の鮮やかな青は、糸川先生が選んだ「天空」のブルー!!!
糸川邸ブルー

1階の広間の壁は赤。これも先生が選んだ「マグマ」の赤!!!
糸川邸 赤

「日本の宇宙開発の父」と呼ばれた博士は、ここで教え子や近所の方達と大宴会をしていらしたとのこと。
そう、2010年の「ハヤブサ」の帰還で、有名になった惑星イトカワは、この糸川先生のお名前にちなんでつけられたのです。2003年に、「はやぶさ」が打ち上げられてから3ヵ月後、探査機の目的地である小惑星25143がイトカワと命名されたのだそうです。「はやぶさ」が、イトカワの観測をし、表面のサンプルを採取して、持ち帰ってきたという快挙は、私達の胸を弾ませるものでした。この日本の宇宙科学の扉を1950-60年代に押しあけたのが糸川先生だったのですね。
博士の思いのつまった古民家の不思議な空間で、一つのことに秀でた人は、並はずれて豊かな感性を持っているのだなあと、実感。
「じねんや糸川」で生前の先生の様子をお聞きし、美味しいコーヒーとお菓子を頂きながら、思いは宇宙へと飛んでいきました!

2013年5月5日

DTIブログって?