容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

IFF 2015.01

  1. 2015/01/24(土) 14:48:37|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今週からパリはメンズのファッションウィークで、世界中で様々な事件が起こっていますが、ファッション業界は次のシーズンに突入します。
東京でも、International Fashion Fairが開かれたので、出かけていきました。

iff1501

残念ながら、毎回スタンドの数が減っているようで、全体的には賑わっているという印象ではありませんでした。その中でも、いくつかバイヤーが足をとめているブースがありましたので、ご紹介します。

まず、入り口からすぐのところにスタンドを構えていた上田安子ファッション服飾専門学校。

IFF UYIFF UY2 iff UY3

広島のジーンズの機屋さんの協力を得て、学生が作品をつくり、きちんとプライスをつけて販売していました。
接客しているのも学生さんたちで、広島のジーンズ工場にも出向き、商品を作製したそうです。
ブースの左半分はレディスで、右半分はキッズ。 
学生さんらしいフレッシュな商品が並び、朝一番に来た香港のバイヤーが興味を示し、パリの展示会のようにその場で商品をピックアップし、後でオーダーの数を入れると言って帰って行ったとのこと。
これから業界で仕事をする学生さん達にとって、実践的で励みになる試みですね。

もう一つも新人支援のコーナー。
東京ファッション大賞の受賞者と産地とのコラボを発表するブースです。
iff 大賞15.01

一番人が入っていたのは中川政七商店の大日本市。
iff 中川15.01

麻製品を扱う奈良の中川政七商店が、日本各地の産地のメーカーの商品をプロデュースし、『大日本市』としてひとくくりにして販売しています。
商品は、中川政七商店の麻のふきんから、波佐見の食器、ドライフルーツ、刃物など多岐にわたり、見ていて飽きません。
ファッションを発信する展示会でも、こうした商品が注目される時代だというのが、大きなスタンドの勢いを見ただけでも分かります。
東京駅前のKITTEにショップがありますので、興味のある方は、覗いてみて下さい。

2015年1月24日

新年のご挨拶

  1. 2015/01/10(土) 14:11:26|
  2. パリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
年が明け、10日になってしまいましたが…
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

富士山15

寒いお正月でしたが、3日に裏の山(昔は山でしたが、今は開発されて住宅地です)に上ったところ、富士山がきれいに見えました。
こんなに下の方までくっきり見えるのは珍しく、思わず手をあわせて拝みたくなる美しさ。
今年は良いことがありそうな…と、思っていたら、恐ろしいニュースがパリから入ってきました。
Charlie Hebdo (シャルリ・エブド)の襲撃事件です。
事件の現場は、私達がパリへ行くとリサーチして回るマレ地区からすぐで、カラシニコフをもった2人の『戦闘員』が白昼堂々と、新聞社に押し入り、編集会議中だった10人もの人達を、問答無用で殺したというのは、本当にショックでした。
シャルリ・エブドという週刊紙の存在を、私は知りませんでしたが、Charlieは英語読みにするとチャーリー。事件の後、メディアに出てくる紙面のイラストを見ると、どこにでもいるチャーリー君が、週に1回、世の中のことを皮肉って、少し苦めの笑いを提供する・・・そんな週刊紙だったのではないでしょうか。
追悼デモで、Je suis Chalie(私はチャーリーです)というプラカードを掲げて歩く人が沢山いましたが、「私だって、どこにでもいるチャーリー。どうしてそのチャーリーを殺さなければいけないの!」という怒りの表現だったのではないかと思います。
イラストは辛口で、腹を立てた人もあちこちにいたことと思いますが、だからと言って「死刑」を宣告し、実行してしまうというのは、考えられないことです。
日本は、今のところ、そこまでの過激な「テロ」は起こっておらず、安全と思われる日々が続いていますが、平和ボケせず、混沌とした世界の状況にも少しオカシナ方向に向かいつつある日本の現状にも、きちんと目と耳を開いていたいと痛感した年明けでした。

新年らしくない決意表明になってしまいましたが、咲き始めた庭の蝋梅の写真で、明るく新年らしく。

ロウバイ15 ロウバイ152

2015年1月10日




DTIブログって?