容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

韮崎大村美術館

  1. 2016/05/25(水) 16:09:32|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
週末に信州に行ってきました。
5月とは思えない30度の暑さにビックリしましたが、抜けるような青空は気持ち良かったです!
目指す友人宅は、小諸と上田の間にあるのですが、車で中央高速からまわり、韮崎の大村美術館に寄りました。
ノーベル賞を受賞した大村智氏が、ご自分で蒐集した美術品を公開した美術館で、2007年に開館し、その後韮崎市に寄贈されましたが、大村氏が今でも館長をしていらっしゃいます。

omura museum

「どんなものを集めているのかしら…」と、野次馬的な興味で行ったのですが、集めた方の気持ちと趣味の良さが伝わってくるミュージアムでした。
1階に展示されたこの季節らしい花の絵は、ほとんどが女流作家のもので、上村松園、三岸節子、片岡球子、堀文子など、有名な作家から、初めて目にする名前もありました。
館長のご挨拶に、「私はいつも美術品に触れることで、自分を見失わずにいられた気がします。〜〜 当館収蔵作品は、私にとって一点一点かけがえのない思い出深いものばかりであり、多くの作家たちとの巡り会いをとおして感銘した、作家の生き様そのものが伝わってまいります」というのが、こちらにも伝わってくるコレクションでした。
きっと、自分で気にいった絵を、コツコツと集めていらっしゃったのでしょうね。
日本人の「お金持ち」は、海外の有名作家の作品を法外な金額で買ったりしますが、そういうことをせず、日本人の作家のものを蒐集してきたのは、「育てよう」という気持ちもあったからではないかと思います。
政治資金で、キースへリングの手紙を買ったりする人とは、大違いですね。

高台にあるので、2階のCAFEからの眺めは素晴らしく、富士山まで見えるそうです。
残念ながら、春霞のせいか、私は見ることができませんでしたが。
お蕎麦屋さんと、日帰り温泉を併設しているので、景色を眺めながらゆっくりするのも良いのではないでしょうか。
大村先生がノーベル賞をもらう前は、1日10人ほどだった来館者が、今では200人くらいに増えたそうです。

2016年5月25日


美術館の改装 − ピカソ美術館

  1. 2016/05/20(金) 18:54:33|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上野の西洋美術館がコルビュジェの作品の一つとして、ユネスコの世界文化遺産に登録されることとなり話題になっていますが、美術品を守る目的で現在遮断されている自然光を、コルビュジェの設計通り、元の状態に戻すことが望ましいという指摘もあったと新聞に書かれていました。
西洋美術館が今後どのように建物を「保存」していくのか分かりませんが、この3月に見てきたパリの美術館の改装の話をしたいと思います。

まず、マレ地区にあるピカソ美術館。
17世紀に建てられた Hotel Sale(サレ館)が、現在ピカソ美術館として使われていますが、5年ほどかけて、大幅に改装されました。

picasso

建物の本来の特徴を生かし、自然光を取り入れた展示スペースはとても新鮮。
地下はこんな感じ。
picasso B

屋根裏の梁もそのまま生かして
picasso yaneura

絵だけではなく、動画も使い、ピカソのマルチな活動を伝える館となっています。
picasso V picasso V2

2016年5月20日


絣祭り

  1. 2016/05/09(月) 11:55:23|
  2. 伝統工芸|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
連休をはさみ、なかなかブログのアップができませんでした。
実は、連休前の週末(4/23〜24)には、久留米絣の産地福岡県八女広川町の『絣祭り』のお手伝いに行っていたのです。
熊本の地震の影響で、延期になるのでは〜と思っていたのですが、「自粛しとったらいかんとです」と担当の方からお電話があり、飛んで行きました。
福岡行のヒコーキには、赤十字の方が乗っていましたし、高速道路には「緊急支援車両」と書いた車がひっきりなしに通っていましたが、久留米あたりでは一度も地震を感じることはありませんでした。 被災地では今でも揺れているようですが…
一日も早く平穏な日々が戻りますように。

今回の出張の目的は、昨年の夏、久しぶりに広川町に行き、預かってきた藍染め手織りの久留米絣の反物を使って作ったサンプルを『絣祭り』の会場で、「絣でこんな服もできるのです!」と紹介することでした。

作ったサンプルです

kasuri matsuri16.04

小幅の着物の反物で作ったとは思えないでしょう?
母子とおばあちゃん、三代で着られるというのがコンセプト。
エルメスにも、マッキントッシュにも負けないトレンチコートです!
でも、反物自体が30万円もするので、かかわった私たちでさえ、買うことのできない高額なものになってしまいました…
これから、機械織りの生地に落とし込もうと考えています。

高いもの見ていただき、「凄い!」と感心してもらうだけで面白くないので、中華街のROUROUさんに、絣のビーチサンダルも作ってもらいました。
Bsan yagasuri Bsan red

Bsan BL Bsan WH

Bsan lady

可愛いでしょ? 
コットンですから、履き心地もとても良いです。
お買い求めになりたい方は、広川町商工会の藍彩市場にお問い合わせください。


http://www.aisaiichiba.com/

2016年5月9日

DTIブログって?