容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

秋野不矩美術館

  1. 2016/08/31(水) 11:10:45|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前回ご紹介した掛川のねむの木美術館から再び新東名にのり、次に向かったのは天竜二俣の秋野不矩美術館。
これも藤森照信氏の設計です。

二俣の町を見下ろす丘の上に建つ砦のような不思議な建物

akino

akino 2

柱や梁には地元の天竜杉を使い、展示室の床にはゴザや大理石が敷かれ、靴を脱ぎ、床にペタッと座って絵を見ることができる面白い美術館です。

akino sugi

秋野不矩は、1908年天竜二俣生まれ、若い時から絵を描きはじめ、2001年に93歳で亡くなるまで絵筆をとり続けていたそうですが、1962年54歳の時にインドに滞在して以来、インドに魅せられ、インドをはじめアフガニスタン、ネパール、アフリカなどを旅して描かれた絵が、沢山展示されていました。
海外旅行は好きですが、辺境へ行く「元気」を失いつつある私としては、彼女のパッションに「エライなあ」と、感心するばかりでした。

akino india
akino ticket

夏休み中だったので、親子連れの姿を沢山見かけました。
浜松市が運営しており、観覧料は大人300円、中学生以下は無料。
2階には、子供達が秋野不矩の絵本を読むことができるスペースもありました。
絵本も素敵です。

akino ehon

子供向けの絵の解説も工夫されており、大人の私達が読んでも「なるほど!」と思うことがありました。
地元の人に愛されている美術館なのですね。

2016年8月31日










ねむの木美術館

  1. 2016/08/23(火) 12:17:38|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
お盆あけに、少し遅めの夏休みをとって、藤森照信が設計した美術館を見に、静岡に行ってきました。
藤森氏が生まれ育った信州の茅野周辺で建てた建築物をいくつか見て、今回廻った2つの美術館をぜひ見てみたいと思っていました。

まず、掛川の「ねむの木美術館」
宮城まり子さんが、障害のある子供たちのためにつくったねむの木の村の中にあり、子供たちが描いた絵が展示されています。

「どんぐり」と呼ばれる美術館
nemunoki

nemunoki 2

nemunoki 3

建物も面白かったですが、展示されている絵も想像以上に素晴らしかったです。
細かな作業が得意な子供達が、丁寧に何カ月もかかって描いた絵もありました。
絵の写真は、ねむの木学園のサイトに入ると見ることができます。
テキスタイルにしたら楽しいだろうなあと思う絵がいくつもありましたので、どうぞのぞいてみてください。

ねむの木学園は、49年目を迎え、40歳を過ぎてからこの大プロジェクトを始めた宮城まり子さんは88歳。
障害を持つ子供の役をしたことがきっかけになったそうです。
ねむの木学園の様子は映像や写真で見たことがあったのですが、実際に足を踏み入れてみて、宮城まり子さんの心意気に圧倒されました。

新東名高速道路からすぐですので、皆さん、一度訪ねてみてください。
桜の頃も、紅葉の秋も良さそうです。

2016年8月23日



Frida is 石内都展

  1. 2016/08/09(火) 15:35:06|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
長かった梅雨が明け、突然の猛暑で、出かけるのには少し勇気が要りますが、銀座の資生堂ギャラリーに行き、石内都が撮ったフリーダ・カーロの遺品の写真を見てきました。
フリーダが身につけていたコルセット、服、靴、指輪や、櫛や化粧品を、石内都は、35ミリのフィルムカメラで、自然光の中で、撮影したそうです。
服は不思議なものですね。写真を見ていると、着ていた人の息づかいが聞こえてくるような気がしてきます。
フリーダの絵は攻撃的な印象で、強い女性というイメージですが、石内都が丁寧に撮った写真からは、痛みの中で懸命に生きた女性の姿が浮かんできます。

会場はこんな感じ

frida gallery frida gallery2

どれも心に響く写真でしたが、なかでもインパクトの強かった写真をいくつかご紹介します。

右足が不自由だったため、左右でかかとの高さが違っています。
frida shoes

靴の大きさも違っています。
frida shoes2

華やかな民族衣装は、全く古びた感じがしません。
frida op

入院中、自ら絵を描いたコルセット
frida corset

最後まで記していた絵日記
frida note

愛用していた手鏡
frida miror

痛み止めのモルヒネ
frida medicament


8/21日までやっています。入場無料です!

石内都は、原爆で亡くなった方の遺品を撮影した『ひろしま』も国際的に高く評価されています。
会場にその写真集も置いてありますので、ページをめくってみてください。

2016年8月9日


DTIブログって?