容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ルームス展 2017.02

  1. 2017/02/22(水) 15:58:31|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週は、代々木の体育館で開かれているroomsに行ってきました。
ギフトショーだけではなく、こちらも曲がり角にさしかかっているようです。
FINALと銘打った今回は、代々木で開かれる最後の開催となり、次回rooms35は9/6〜8に、内容も一新して、別の会場で開かれるとのこと。
理由は、オリンピックのため、代々木の体育館が使えなくなるためだそうです。

他の展示会のオーガナイザーからは、「オリンピックの報道センターとして使うために、(東雲の)ビッグサイトが何カ月も使えなくなるのは困る。豊洲の“新市場”を報道センターとして使ったらどうか」という働きかけを役所にしているというメールが何度も流れてきていますが、本当にあちこちに影響を及ぼすのですね。

ルームスの話に戻って… 会場の入り口のマルシェ。
古着からオーガニック野菜まで販売し、一般の人にもオープンにしているので、お買い物している人がチラホラいました。

rooms 17.02 marche

Rooms 34 FINALの会場
rooms 17.02 final

出展者 450、入場者数 19,000人と、ギフトショーに較べると規模は小さいですが、雑貨や地方の工芸品が増え、雑多なものを集め、マルシェまで併設し、「お祭り気分」という点では、ギフトショー以上かもしれません。

入り口すぐの新人コーナーから、七彩のマネキンの展示を抜けて階段を下りていくと、文化服装学院のスタンドがありました。
ルームスのオーガナイザーが、数名の学生を選び、1ラックずつ展示していましたが、販売はせず展示のみなので、バイヤーへのアピールは難しかったのではないでしょうか。
rooms 17.02 bunka

和風の音楽イベントも…
rooms 17.02 music

エシカルなブランドのコーナー
rooms 17.02 ethical

そして最後は地場産のコーナーでした。

服にはお金をかけず、「豊かな生活」を求めて、ライフスタイル提案をする店での買い物を楽しむというのが、ある意味「トレンド」であることを思えば、店に商品提案する展示会のあり方も変わってくるのは当然で、しばらくは、展示会のオーガナイザーの試行錯誤も続くことでしょう。

パリも同じような状況で、ファッション・ウィークの時期に開かれるサロン(=tradeshow)も過渡期にさしかかっています。
それでも、世界に売りたいと思った時には、世界中からバイヤーがやってくるパリへ行くのは、インターナショナルブランドへの第一歩なのです。
24日金曜日から2週間ほど、そのパリへ行ってきます。
ブログはしばらくお休みしますが、戻って来たら、報告しますね。

2017年2月22日




ギフトショー 2017年2月

  1. 2017/02/20(月) 18:24:52|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
少し時間がたってしまいましたが、毎年2月初めと、9月初めに開かれているギフトショーが、今回から開催方法を変えましたので、ご報告します。
デザイン系の商品を扱うブランドを集め、枝分かれさせ、本番のギフトショー(2/8〜10)の1週間前に LIFE x DESIGN展(2/1〜3)が開催されました。
理由は、ギフトショー全体への出展希望が多く、応えきれないので、ブランドを分散させ、期間を長くしたとのこと。

gift design 17.02

LIFE x DESIGNには、300社ほどが出展し、5万人の来場者を予定していると開催概要に書かれていましたが、来場者は実際にはもう少し少なかったのではないでしょうか。
これまでのギフトショーに較べると、通路も広々とし、ブースのつくりもすっきりしていたので、見やすかったです。

gift design 17.02 2 gift design 17.02 3

仕入れを手伝っているパリの和物の店が探していた商品に近いものを、高岡の鋳物屋さんのスタンドで見つけ、話をしたところ、4回目の出展だとの返事。
これまで狭い通路でセカセカ歩いていたので、目に入らなかったのですね。

5年ほど前にパリの展示会への出展をお手伝いした「見附ニット」は、国内の展示会には継続して出展しています。

gift design 17.02 mitsuke gift design 17.02 mitsuke 2

デザイン系として切り離され、会場がすっきりした効果はあるのか質問したところ、来場者数自体はいつもより少ないようなので、まだよく分からないとのことでした。

たしかに、次の週に開催されたギフトショーの方は、開催概要によると出展社 2500社、来場者 のべ20万人と、巨大見本市です。
デザイン系のブランドが抜けてしまったので、地方の物産展という色合いが強くなりましたが、沢山のバイヤーに見てもらいたい場合には、それなりに意味のある「場」であることは間違いないです。

新しい括りのLIFE x DESIGNに参加した方々は、満足いく結果が得られたのでしょうか?
9月展も同じ括りで開催されるようですので、注目していきたいと思います。

2017年2月20日







代官山散歩

  1. 2017/02/17(金) 17:59:38|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今週は、デザイナーブランドの2017秋冬シーズンの展示会が開かれており、この時期になると、展示会会場となることが多い代官山に行くことになります。
久しぶりの代官山で見つけた光景を、いくつかご報告します。

まずは駅近くのGARDE COLLECTIVEの店へ

garde

GARDE COLLECTIVEは、5年ほど前までパリの展示会に出展していた時に、お手伝いしていました。
代官山にこの店をオープンするなど、日本での活動が忙しくなり、パリ進出はしばらくお休みしていましたが、この春パリにベースを置くMiki Mialyと一緒にパリと東京でイベントをするというので、少しお手伝いしています。
この日は、インポートブランドを集めた特別バザールをしているとのお誘いがあり、覗きに行きました。デザイナーの真木さんに選んでもらった沢山のコートを試着したのですが、決めかねて、格安の靴を1足購入しました。

若手のクリエーターの展示会を回った後、前から気になっていたTENOHA代官山に入ってみました。ずいぶん大きなライフスタイル提案型のお店が出来たなあと思いながら、なかなか店に足を踏み入れる機会がありませんでした。

tenoha entree

戻ってきてから調べたところ、東急不動産が5年間限定の商業施設として、2014年11月にオープンしたとのこと。
以前「代官山アドレス」と呼ばれ、ファッション系のお店が並んでいた場所全体を使って、ライフスタイル提案をする「実験」をしているようです。
代官山アドレスがオープンした時には、仕事を一緒にしているブランドの店もあったので、パーティに来たように思います。たしか、イッセイ・ミヤケの店もあり、イッセイさんもニコニコと機嫌よくしていらしたような記憶がよみがえってきました。

今は、カフェやレストランも併設され、グリーンの多い、今風な空間になっています。

tenoha restaurant

水曜日には、オーガニック・マルシェも開かれています。
ちょうどこの日は水曜日。

tenoha marche

tenoha marche2

代官山には蔦屋のT-siteもあり、モードというより、ライフスタイルの街となりましたね。
この日も、バギーを押す何人ものママとすれ違いました。

2017年2月17日





バーニーズ・ニューヨーク@六本木

  1. 2017/02/12(日) 18:37:49|
  2. ショップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
昨年9月の六本木にオープンしたバーニーズ・ニューヨークに行ってきました。
ミッドタウンの目の前で、ラグジュアリーなブランドが並んでいます。

baneys roppongi

新しいすっきりとした建物で明るい雰囲気ですが、ウィークデイの午後で、店内にほとんどお客さんの姿は見えず、かなり入りにくい感じ…
勇気を出して、足を踏み入れましたが、お客様の数より明らかに販売員の方が多く、どの売り場でも、「何かお探しですか?」と言われ、じっくりリサーチというわけにはいきませんでした。
並んでいるのは、高級ブランドばかりで、銀座や横浜のバーニーズにはカジュアルな商品も置いてありますが、少し違う路線のようです。
六本木は、高級志向のお客様が多いということなのでしょうか…

入り口のホールには東信の松が吊ってあって、かなりスタイリッシュな演出です。

baneys matsu

服が売れない時代に、このバーニーズが六本木マダムの御用達になっていくのかどうか、時々のぞきに行ってみようと思っています。

2017年2月12日


DTIブログって?