容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

パリの展示会(3) プルミエールクラス、WOMAN

  1. 2017/04/28(金) 18:30:15|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
パリ・シュール・モードと同じWSNが運営する小物のプルミエールクラスは、前回から会場が広がり、通路も広くなり、歩きやすくなりましたが、メトロ1駅分の広い会場で、目的のブランドを探すためには結構歩かなければいけません。以前は出展のためのオーディションを通過するのが難しかったのですが、出展者数が増え、そのハードルも少し下がったのではないかという印象。
出展者に感想を聞くと、今回はバイヤーの数は少なく、静かで、新規のオーダーがとれなかったという話が多かったです。

PC17.03 PC17.03 2

今シーズン、一番元気なサロンという印象だったのは、マレからヴァンドーム広場へと場所を移したWOMANでした。出展者数は90ほどで規模的には大きくはなく、会期も3/3日から3日間と短めですが、アクセスも便利になり、会場も広々と見やすくなりました。カジュアルだけれど、ちょっとおしゃれなテイストのブランドを揃え、サロン全体がまとまっていました。

woman 17.03 woman 17.03 2

金庫の入り口のような地下室のドア(?)も、階段脇のお花もおしゃれ

woman 17.03 door woman 17.03flower

トラノイやチュイルリーのテントの出展料が高くなっているので、比較的リーズナブルな出展料で参加できるWOMANは、若手のデビューの場として重要な存在です。

WOMANはマレでは、少し期間を長くして(3/2-6)ショールームを開催。
来場者はそれほど多くはないが、出展している顧客を持ったブランドを目的に来場したバイヤーが他も見るので、それなりに結果が出ているとの、新規出展者の感想でした。

woman 17.03showroom woman 17.03showroom2

「パリのサロンに出展したいが、一体どこに出したらよいのか?」と、若いクリエーターの方たちから聞かれることがありますが、パリでも日本でも、合同展示会自体が大きな曲がり角にさしかかっているので、明快なお答えが出来ない状況がここ数シーズン続いています。
それでも、パリのサロンに出せば、日本では出会えない世界中の有名店のバイヤーにコレクションを見てもらえるという点だけは変わりませんが…

2017年4月28日






パリの展示会(2) トラノイ

  1. 2017/04/26(水) 16:30:08|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
トラノイは、中心より遠かったシテ会場が突然取り止めになり、ブルス、カルーゼル・ド・ルーブルの2か所で3/3日金曜から4日間開かれました。

ルーブル会場
2017.03tranoi L


出展者数は450ほどと会場が一つ減った分大幅に減少。前回シテ会場にいたブランドはどうしたのでしょう… 10月にシテへの来場者があまりに少なかったので、出展者から大クレームがついたというような噂も流れ、運営の仕方に不満を漏らす出展者が沢山いました。次回10月展はさらに値上げするため、力のあるクリエーターは抜けて自力でショールームを開くようになっていくと思われます。
トラノイのオーガナイザーの方も危機感は持っているようで、魅力的なブランドを引き抜こうと他のサロンで精力的にブランドハンティングしている姿も見かけ、アヴァンギャルドな展示会としてトラノイが輝いていた時代は終わったという感を強く持ちました。

以前は、出展ブランドのレベルがある程度そろい、まとまっていたブルス会場も、雰囲気に合っていないブランドも見かけるようになり、エレベーターで突然2階にあげられてしまう順路も来場者に不評でした。
ただし、こうした中でも、アイデンティティをしっかり持ち、コレクションの組み立てが出来ているブランドは新規のオーダーが入り、売り上げを伸ばしていたので、来るべきバイヤーは来ていたものと思われます。

ブルス会場
2017.03tranoi B 2017.03tranoi B2

2017年4月26日

パリの展示会(1) パリ・シュール・モード

  1. 2017/04/21(金) 17:08:46|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ずいぶんと時間がたってしまいましたが、皆さんに3月のパリの合同展示会(サロン)の様子を聞かれるので、その報告をしておきたいと思います。
今回は、昨年からヨーロッパで頻発するテロを恐れて、少なくなっていた日本人のバイヤーが目に付くシーズンでした。日本のマーケットの状況が悪いので、何とか少しは違ったものを仕入れて、突破口を見つけたいと考えたのでしょうか。
期間中、雨が多かったのですが、オーダーを付けるバイヤーは日本人以外も来ていたようで、力のあるブランドは新規もリピートもオーダーが入り、それほど悪いシーズンではなかったと思われます。アメリカもヨーロッパも政治が安定せず不安な状況ですが、高いものを買うお金持ちはいるということなのでしょう。

前回からコンコルドに場所を移したパリ・シュール・モードは、コンコルド広場の塔を会場内にそのまま取り入れ(下の写真右)、窓からはオベリスクとエッフェル塔が見えるというパリらしい雰囲気。

PSM2017.03 concorde PSM2017.03 concorde2

会場中央のロビー(左の写真)もゆったりと利用でき、好評でした。
他のサロンより1日早く木曜日から始まるスケジュールも、月曜日の暇な時間を考えると、この方が良いのではないかという声が多かった。

PSM2017.03 sofa

この時期に開かれている展示会は、統廃合され少なくなりましたが、その中でWSNが運営するチュイルリーとコンコルドのテントとトラノイが巨大展示会となり、規模的には他を引き離しています。
パリ・シュール・モードの出展者数は、100ブランドほど。前回同様アメリカンカジュアル系のCapsuleがPSMと同じテントの中に入り、40ブランドほどが参加。

capsule 17.03

チュイルリーのテントへの来場者の実数は発表されていませんが、日本をはじめ韓国、アメリカのバイヤーが戻ってきたため、来場者数は若干増加とのこと。
マレの北で開催してきたWOMANがヴァンドームに移転し、パリの中心に展示会場が集中したので、バイヤーは回りやすかったのではないでしょうか。

2017年4月21日




パリ 装飾美術館

  1. 2017/04/14(金) 18:28:26|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
話題はパリに戻ります。
バウハウスのエクスポジションが開かれていた装飾美術館は、特別展以外も面白いです。
上の方の階では、フランスのインテリアの歴史を見ることができるのです。
ラピズラズリのブルーなどを使った中世の装飾品のカラーも素敵ですが、アールヌーヴォーあたりまでくると、見たことのある曲線が登場してきます。
art nouveau

クチュリエのランバンのお部屋の装飾も迫力があります。
lanvin

脇に置かれているディスプレイをスクロールすれば、ランバンのアパルトマンも覗けるようになっています。

lanvin2 lanvin3

こんなお部屋でくつろげるかしら…と、思いますが、ランバンらしいですね。
特別展が混んでいても、上の階の展示室はすいていて静かですから、階段をのぼってみて下さい。

2017年4月14日



DTIブログって?