容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

Interiorlifestyle展 WANTED!

  1. 2017/06/21(水) 13:12:59|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週14-16日にビッグサイトで開かれていたインテリアライフスタイル展に行ってきました。
今回の来場者は27,421人、出展者数787社(国内645社、海外142社)と、ギフトショーなどに較べれば規模は小さいのですが、ちゃんとデザインされた商品が並ぶ、日本の中ではトップクラスの展示会です。

今回は特に、アトリウムのWANTEDというコンセプトが面白く、楽しみました。

interior2017.06 interior2017.06 2

デザイナーや製造工場をWANTED ! コラボレーションやポップアップショップをWANTED ! など、出展者のバラエティに富んだ WANTED ! が、西部劇に出てくるようなポスターの形で表現されています。

パリの展示会にも参加している山形のニットメーカーのコーヘンさんも小物をつくって初出展。

interior2017.06 3 interior2017.06 4

ディレクターの顔が、そのまま「指名手配」のポスターに…

たしかに展示会は、WANTED! の場ですね。
アトリウムがなかなか楽しい場となっていたので、プロデュースした江口宏志氏に興味を持ち、少し調べてみました。
ブックショップ UTRECHT(ユトレヒト)等を立ち上げ、作り手の個性を様々な方法でプレゼンテーションして評判となったそうですが、その後、南ドイツの蒸留所で修行し、現在は千葉県大多喜町の元薬草園に蒸留所を設立しようと活動中。
エッ 蒸留所ってどういうこと???と、思ってさらに調べると…

mitosayaという会社の代表として、蒸留所設立のために、クラウドファンディングで支援を募っていました。
https://readyfor.jp/projects/mitosaya

1987年に大多喜町に設立された千葉県立薬草園は、16000屬良瀉呂500種類の薬用植物を植え、薬用植物の知識普及のために運営され、その後大多喜町に譲渡されましたが、2015年末に閉園。
mitosayaは、この場所を引き継ぎ、敷地内で栽培している植物、果実などを原料にして、ボタニカル・ブランデーをつくるプロジェクトを始めようとしているというのです!
ボタニカル・ブランデーというのは聞いたことがないと思いますが、ヨーロッパで 「オー・ド・ヴィ」と呼ばれ、Eau de Vieはフランス語で、「命の水」という意味です。
私も、パリで、フランボワーズのEau de Vieをおみやげに買ってくることがありますが、透明なブランデーからふわっとフランボワーズの香りがして、とてもオシャレな感じです。
大多喜町で、どんな「命の水」ができるのしょうか。楽しみですね。

展示会から話がそれてしまいましたが、ユニークな展示空間をつくりあげるには、こういう人の力が必要なのだと、納得していただけたのではないかと思います。
蒸留所設立のクラウドファンディングは、8000円から出来るようで、薬草園の見学や、出来上がったブランデーの割引購入など、いろいろコースがあり、私は、どうしようかと考え中…

2017年6月21日


天空のしゃくなげ園

  1. 2017/06/09(金) 11:13:08|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
軽井沢で新緑を楽しんだ次の日は、浅間高原のしゃくなげ園へ。
「浅間高原」と言っても、軽井沢から山を越えた向こう側で、群馬県の嬬恋村になります。
イメージ戦略の為か、そのへんの別荘地は「北軽井沢」と呼ばれているようですが…

15万株のしゃくなげが咲く高原のしゃくなげ園のニュースをテレビで見て、急に決めていったのですが、浅間の麓に広がるしゃくなげ園から見る景色は、北海道ともヨーロッパとも思えるような雄大なものでした。

遠くに雪をかぶった谷川岳も見えます。
まさに、「天空のしゃくなげ園」!!! 
shakunage

shakunage 2

後ろには浅間山。 薄緑色の林はカラマツですね
shakunage 3

shakunage asama

shakunage hana shakunage hana2

このしゃくなげ園は、村有地だそうで、基本的には無料ですが、この季節にはテントがはられ、仮設トイレもありますので、協力金を少しだけお支払いしました。
なんと坂井さんという方が個人で、苦労してこの地でしゃくなげ栽培が出来るようにし、何万本も寄付し、その意気に感じた嬬恋村の村民がボランティアで造園したというのですから。
説明して下さるボランティアの方々もいらして、「自慢のしゃくなげを楽しんでいってください」という気分があふれていました。

いくつかの違った種類のしゃくなげが植えられていますので、6月に入った今は、屋久島シャクナゲが咲いているようです。
信州側から車で山を越えていったのですが、「しゃくなげ園」ではナビに出てこないので、少し迷いました。事故を避けるため農道を一方通行にして誘導しているので、ナビには出てこないのですね。
曲がり角にはグリーンの旗がたっていますので、いらっしゃる時はその目印通りに進んでください。

2017年6月9日






セゾン現代美術館

  1. 2017/06/02(金) 18:24:05|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
夏のような陽射しの中、信州へ花見旅に行ってきました。
どこへ行っても新緑が美しく、気持ちの良い旅でした。

前から行ってみたかった軽井沢のセゾン現代美術館のお庭を散歩するには、ベストシーズン。
彫刻家の若林奮が基本設計をして1985年につくられたお庭は、水の流れる音を聴きながら回遊でき、木漏れ日の中に現代彫刻が置かれています。

入り口から少し下っていくと、若林奮<五角形の鉄橋>
saison pont

橋を渡ると イサム・ノグチ <雨の山>が見えてきます
saison noguchi


少し進むと 安田侃<天沐•天聖>、美術館の建物のむこうに浅間山がそびえています
saison asama

若林奮 <斜面のコールテン鋼板> 木の影がなんとも美しい
saison kage

井上武吉 <My Sky Hole 94-5 石のラビラント>
saison ishi

ここを過ぎると若林奮のもう一つの<鉄の橋>が見えてきます
橋の下の流れも作品の一部ですね…
saison pont2

ほかにも楽し気な彫刻が置いてあります
saison cyoukoku saison cyoukoku2

お庭の散歩は無料です!
お庭だけでかなり満足してしまい、今回は美術館の中には入りませんでした。
友人のアーティストの話によると、バブル期に良いものを沢山買っているので、美術館のコレクションも充実しているそうです。

セゾン現代美術館は、中軽井沢の星野リゾートのすぐ上です。
セゾンの庭は、私達と入れ違いに着物姿の団体が入って来るまでは静かでひっそりしていましたが、星野の商業施設ハルニレテラスは、終日広い駐車場にいっぱい車が止まっていて大盛況。
軽井沢は西武が開発した高級別荘地ですが、今この中軽井沢近辺の「経済」を支えているのは星野リゾートなのですね。時代の流れを感じます…
ただ、いかにも「オシャレに作りました!」という雰囲気のハルニレテラスは「観光地」っぽく、私達は覗いてみようという気になりませんでした。
バブルの恩恵には与りませんでしたが、セゾンの庭を歩きながら、バブル期の「メセナ」を少し懐かしい気分で思い出しました。

2017年6月2日

DTIブログって?