容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

美術館の改修

  1. 2017/01/31(火) 10:55:11|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
(ブログのサイトのメンテナンスに時間がかかり、ずいぶんご無沙汰してしまいました)

昨年末に白金の庭園美術館のボルタンスキー展について書きましたが、そこで一つだけ残念に思ったことがあったので、お話ししておきたい思います。
リニューアルオープンした美術館の本館の旧朝香宮邸は修復され、アールデコの内装もこれまで以上にきれいになっていたことはすでにお伝えしましたが、「別館」は壊され、「新館」となってしまっていたのです!

新館 White cube
white cube

すっきりとモダーンな建物は杉本博司のアドバイスで建てられ、ガラス張りの明るいカフェは居心地良さそうで、ボルタンスキー展の時は、本館からつながった展示場としても使われていました。
でも、ここに改装前にあった「別館」も、“昭和レトロな” 趣のある建物だったのです!
美術館にいる間は、「あれ? 建て替えちゃったの? エッ? エッ?」と思いつつ、実感がわかなかったのですが、家へ帰ってきてから調べて、元の建物は壊され建て替えられてしまったことを確認しました。
以前の「別館」は、たまにクリエーターが展示会場として使ったり、ファッションショーが行われたりしたことがあったので、入ったことがありました。
その内装も、本館のアールデコに負けないくらい、昭和らしい雰囲気を残した独特のものだったのです。
でも、きっと、耐震や耐火の設備が十分でなかったので、全面改築ということになってしまったのでしょう…
本館の朝香宮邸は設備を現在の規制に合うように工夫して蘇ったというのに…

パリの美術館も近年長い間クローズして改修しているところが結構あります。
パリでは古い建物を壊して建て替えたりすることはほとんどなく、耐火の規制をクリアーするために見えないところで、様々な工夫をしているのだと思いますが、建物の良さを残して生まれ変わらせています。
以前、モダーンに変身したピカソ美術館のことを書きましたが、ロダン美術館のリニューアルは出来る限り元の姿に戻そうとしたようです。
7区のアンバリッド近くにあるロダン美術館は、ロダンが晩年アトリエとして使っていた建物がそのまま美術館になっており、学生時代から私のお気に入りの美術館の一つでした。

広いお庭も建物の外観も、改修前と変わりません。
rodin

建物の中も、シャンデリアはもちろん、床の寄せ木細工の一つ一つまで忠実に復元したそうです。
下の写真の床にご注目!
rodin 2 rodin 3

改修の大事なポイントであるバリアフリー化のため、エレベーターが設置されたり、改修の際の説明をする動画が流されている部屋があったり、現在のニーズに合った変更はされているのですが、「そのまま」を基本に据えた大改修であったことは、しっかり伝わってきました。

パリの美術館は建物自体が歴史的建造物であることが多いので、簡単に壊されません。
石造りの建物を長く使っていこうという考えが根底にあるという理由もあると思います。
東京の庭園美術館も、朝香宮邸は文化財指定されていたので守られましたが、「別館」は残念ながら、建て替えられてしまったのです。
昨年美術館としては閉館した鎌倉の近代美術館も壊されてしまう運命だったのを何とか救出されましたが、近い過去である昭和の建物も、「つい最近のもの」と簡単に考えてスクラップ+ビルドしてしまわずに残す努力をしてほしいですね。

2017年1月31日



<<  謹賀新年  |  ホーム  |  バーニーズ・ニューヨーク@六本木  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/247-a41dabdd

DTIブログって?