容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

パリの展示会(3) プルミエールクラス、WOMAN

  1. 2017/04/28(金) 18:30:15|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
パリ・シュール・モードと同じWSNが運営する小物のプルミエールクラスは、前回から会場が広がり、通路も広くなり、歩きやすくなりましたが、メトロ1駅分の広い会場で、目的のブランドを探すためには結構歩かなければいけません。以前は出展のためのオーディションを通過するのが難しかったのですが、出展者数が増え、そのハードルも少し下がったのではないかという印象。
出展者に感想を聞くと、今回はバイヤーの数は少なく、静かで、新規のオーダーがとれなかったという話が多かったです。

PC17.03 PC17.03 2

今シーズン、一番元気なサロンという印象だったのは、マレからヴァンドーム広場へと場所を移したWOMANでした。出展者数は90ほどで規模的には大きくはなく、会期も3/3日から3日間と短めですが、アクセスも便利になり、会場も広々と見やすくなりました。カジュアルだけれど、ちょっとおしゃれなテイストのブランドを揃え、サロン全体がまとまっていました。

woman 17.03 woman 17.03 2

金庫の入り口のような地下室のドア(?)も、階段脇のお花もおしゃれ

woman 17.03 door woman 17.03flower

トラノイやチュイルリーのテントの出展料が高くなっているので、比較的リーズナブルな出展料で参加できるWOMANは、若手のデビューの場として重要な存在です。

WOMANはマレでは、少し期間を長くして(3/2-6)ショールームを開催。
来場者はそれほど多くはないが、出展している顧客を持ったブランドを目的に来場したバイヤーが他も見るので、それなりに結果が出ているとの、新規出展者の感想でした。

woman 17.03showroom woman 17.03showroom2

「パリのサロンに出展したいが、一体どこに出したらよいのか?」と、若いクリエーターの方たちから聞かれることがありますが、パリでも日本でも、合同展示会自体が大きな曲がり角にさしかかっているので、明快なお答えが出来ない状況がここ数シーズン続いています。
それでも、パリのサロンに出せば、日本では出会えない世界中の有名店のバイヤーにコレクションを見てもらえるという点だけは変わりませんが…

2017年4月28日






<<  パリの展示会(2) トラノイ  |  ホーム  |  花フェス@よこはま  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/257-d9698a46

DTIブログって?