容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

クマガイソウ

  1. 2017/07/03(月) 12:17:14|
  2. 信州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
新聞に 「野生ランの王者」と呼ばれる 「アツモリソウ」の話が出ていて、軽井沢で見た 「クマガイソウ」のことを思い出しました。
「熊谷草」と「敦盛草」の名は、平家物語の若武者敦盛の最期の話からとられてるとのこと。
一之谷の合戦で敗れた平家を追っていく中で、自分の子供のような年齢の平敦盛の首を泣く泣く討ちとったのが熊谷直実。
ふわっと風船のように膨らんだ花の姿が、昔の武者が後ろからの矢を防ぐために背負った母衣(ほろ)に似ているので、平家物語の武者の名前がペアでつけられたようです。

アツモリソウも、クマガイソウも、現在では絶滅危惧種に指定され、保護されており、5月に「軽井沢町植物園」に行った時に、大事に育てられ見事に花をつけているクマガイソウに出会いました。

kumagaisou

kumagaisou 2

アツモリソウは、長野県富士見町で大事に育てられているとのこと。
新聞記事によると、ようやく残っている自生地には防獣網をはり、盗掘抑止のカメラを置いて守り、難しい人工栽培にも取り組んでいるようです。

atsumorisou

たしかにアツモリソウは、クマガイソウによく似ています。
両方とも、地元の方々の努力で絶滅の淵から救われつつあるようですが、初夏の森の奥に咲く悲劇のシンボルともいえる優雅な花を盗掘したりしないで欲しいものですね。

2017年7月3日



<<  Interiorlifestyle展 WANTED!  |  ホーム  |  アルチンボルド展  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/265-06965fe7

DTIブログって?