容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

DIOR展@Paris

  1. 2017/10/25(水) 17:59:58|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
パリから戻って2週間ほど経ちました。パリでの販売のフォローと、東京のファッションウィークの展示会等で忙しく、ブログの更新がなかなかできませんでした。
今回のパリ出張は盛りだくさんでしたので、少しずつご報告していきたいと思います。

まず、装飾美術館で、クリスチャン・ディオールのデビューコレクションから70年目という節目に開催されていたエクスポジションの話から始めたいと思います。
ウィークデイのお昼前だったら良いかと思って最初に行った時には、チュイルリー公園あたりまで長い列が出来ていて断念。数日後、11時オープンの30分ほど前から並んで、ようやく入場しました。
装飾美術館の両翼を使った会場スペースは3,000屬曚匹如△修海1947年から現在までのデザインの中から選ばれた300点以上のドレスが展示されていました。

dior newlook

DIORの象徴ともいえるNEW LOOKは、うしろにガリアーノの<NEW LOOK>(向かって左)と、マリア・グラッチア・キウリの作品(右)を従えていました。
装飾美術館のサイトに入れば、写真を見ることができますが、私が心ひかれたコーナーをいくつか紹介していきます。

カラー別に集められた作品は、一つ一つシーズンが違うと思うのですが、しっくりとまとまっていて、楽しいものでした。
dior yellow dior red

ヴェルサイユのお部屋の中でしょうか
dior trianon

お花畑のよう…
dior garden

DIOR時代のドレスですが、刺繍素敵!
dior muget dior muget2

dior folwers dior folowers2

歴代の後継者のドレスが、テーマごとに一緒に並べられている様子はとても興味深いものでした。
Yves Saint-Laurentの若々しいクリエーションはその後の彼自身のブランドの作品より初々しくフレッシュで、John Gallianoのフォルムには圧倒されました。

後半では、それぞれのデザイナーごとに展示がされていました。

サンローラン と ガリアーノ
dior s-laurent dior galliano

このエクスポジションのために組みなおされたというトワルも美しかった!

dior toil

エクスポジションは最終コーナーが残っているのですが、この辺まで来ると、だいぶ疲れてきます…
体力的にも、精神的にも。
このエクスポジションだけが目的でパリへきたデザイナーもいました。
ファッション業界にかかわりない人でも、感じることが多いエクスポジションだと思いますので、どうぞパリまで行ってみてください。1/7日までです。

2017年10月25日









<<  ギフト・ショー 2017秋  |  ホーム  |  ヴァンヴの蚤の市  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/273-4aecd792

DTIブログって?