容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

トラノイ展

  1. 2017/11/16(木) 11:50:32|
  2. 展示会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
トラノイは、ブルス、カルーゼル・ド・ルーブルの2か所で開かれ、マレでロンドンのショールームと提携し、会期を少し長めにしたTRANOI WEEKという新しい試みもしていました。

<ブルス会場>

tranoi17.10 tranoi17.10stole

初日に2つの会場を回ったところ、人も多く、活気がありました。ブルス会場は、エレベーターで2階にあげられてしまう順路は変わりませんが、2階のブランドからオーダーを付け始めるバイヤーも多いようで、ストールのファリエロ・サルティのスタンドなどはごった返していた(上の写真右)。
2つの会場で、ベテランの出展者に聞いたところ、どこも初日はランチを食べる時間がないほど混みあっていたそうで、4日間の結果としては、新規のクライアントからもオーダーが入り、まずまず満足のいくものだったとのこと。

<カルーゼル会場>

tranoi17.10 louvre tranoi17.10 louvre2

マレ地区で開かれてた TRANOI WEEKには、ロンドンと韓国のブランドが並んでいましたが、人も少なく閑散としていました。

tranoi17.10week tranoi17.10week2

パリの合同展が曲がり角に差しかかっていると言われるようになってから何シーズンも経ち、少し長めのショールームをするなど新しい試みもしていますが、なかなか突破口が見つけられないというのが、現在の状況ではないでしょうか。
パリ・コレクションのショーの方が勢いを取り戻していることを考えると、合同展に一時の賑わいが戻ってこないのは、残念です。

ただし、今回トラノイのカルーゼル会場で人を集めていたUCFのスタンドの様子を見て、パリの合同展が、今でも本来の役割を果たしていると再確認しました。

<UCFのスタンド>

tranoi17.10 ucf tranoi17.10 ucf2

UCFはトラノイ出展3シーズン目。大阪の上田安子服飾専門学校が生徒の作品をまとめ、クリエーターとしての経験豊富な教員がディレクションをしてブランド化しているコレクションです。クリエーションしようという若々しい意気込みが感じられるスタンドは4日間途切れることなく人が入り、予想以上のオーダーが入るという結果となり、トラノイのオーガナイザー達も好意的で、まわりの日本人出展者も「応援したくなるよね」とエールを送っていました。ここまでは日本でも起こる可能性のあることなのですが、若々しいクリエーションを認め、バイヤー達がその場でオーダーシートに数を入れていくというのは、パリのサロンの底力を示すことのように思われます。
過渡期にあるパリの合同展が一時のような勢いがないのは事実ですが、世界中のプロのバイヤーにコレクションを見てもらえる場であるということだけは、変わっていません。

2017年11月16日







<<  パリ・ファッションウィークの合同展(サロン)  |  ホーム  |  パリの日曜日  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/276-89bf05b9

DTIブログって?