容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

グリーンランド / 中谷芙二子+宇吉郎展、

  1. 2018/01/26(金) 13:31:51|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
銀座のエルメスに行って、中谷宇吉郎と娘さんの芙二子さんのエクスポジションを見てきました(というより、体験してきました!)
銀座に出ていく用事があったので、エルメスでは何をやっているかしら…と、インターネットで調べてみたのですが、フワフワと霧のようなものがかかった写真では何をやっているかよく分からず、興味がわきました。
中谷宇吉郎という名前も、聞いたことがあるけれど、どんなアーティストだったかしらと思っていたら、あの雪の結晶をつくった科学者の中谷宇吉郎だったのです。
次女の芙二子さんはアーティストで、お姉さんは地質学者、妹さんはピアニスト! 人の一生は育つ環境と遺伝子で決まるのですね。
宇吉郎氏が亡くなる前の4度の夏を過ごした北極圏のグリーンランドに出向き、姉妹で拾ってきた石も展示されていました。
「グリーンランドに行くときは、パパはいつも楽しそうだった。体調がすぐれなくても、『グリーンランドに行けば風邪もなおるさ』と言って、ママを困らせ、嬉しそうに出かけて行った(笑)」という、お姉さんの咲子氏の言葉からも、ファミリーのグリーンランドに対する思いがよく分かります。

お父さんの宇吉郎さんの研究についても説明されています。
hermes nakaya

メゾンエルメスのガラスのブロックを背景に、霧の世界を表現したパフォーマンスは圧巻でした。
ガラスブロックをグリーンランドの氷の世界に見立てたのですね!

hermes fog

hermes fog2

hermes fog3

hermes fog4

hermes fog5

水をつかった「霧の彫刻」は姿を消しました。

中谷芙二子さんは、1933年生まれ。最初に「霧の彫刻」を出現させたのは1970年の大阪万博のペプシ館というのですから、時代の何歩も先を歩いていましたね。
霧に包まれるビルバオのグッゲンハイムの映像も、会場で流されていましたが、素敵でした。

「雪は天から送られた手紙である」というのは、中谷宇吉郎氏の有名な言葉ですが、大雪と大寒波で混乱する私達に、天が雪に託したメッセージは何だったのでしょうか…
エルメスでの展示は3/4日までやっていますので、霧のメッセージを聞きにいらしてください。
不思議な体験が出来ますよ。
入場無料!

2015年1月26日










<<  Mode in France 2018.01  |  ホーム  |  『霧の森』  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/280-e29b9ba4

DTIブログって?