容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

Yves Saint Laurentミュージアム

  1. 2018/04/18(水) 14:08:07|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
パリの話に戻りましょう。
昨年秋にオープンしたイヴサンローランのミュージアムには、小雨交じりの寒い日に行ったので、並ばずにすんなりは入れました。
出てきたら、短い列が出来ていて、少し得した気分でした。

YSL

16区の高級住宅地にあるミュージアムは、サンローランがアトリエに使っていたもので、パリの歴史を感じさせる雰囲気のある建物です。
サンローランと、パートナーのピエール・ベルジェは、2002年のサンローランの引退後は、2人の名前の付いた財団を設立し、この建物でアートのエクスポジションなどを開いていたようですが、昨年10月に、ミュージアムとして、クチュールのメゾンが復活しました。
残念ながら、ピエール・ベルジェは、このミュージアムのオープン前の9月に亡くなりました。彼は、サンローランというメゾンをゆるぎない存在にしただけではなく、モード組合(Chambre syndicale de la mode)の会長を長い間勤めるなど、ファッション業界全体に大きな功績を残しました。
また、アートにもパッションを持ち、サンローランと2人で買い集めた作品のコレクションは素晴らしいものだったようです。 サンローランの亡くなった翌年、ピエール・ベルジェはこのコレクションのすべてを売りに出し、「世紀のオークション」が行われたというのは有名な話ですね。
政治に関しても、自分の考えを明確にし、昨年の大統領選のマクロンまで、支持をはっきりと表明してきたと聞いています。
昨年10月にパリとマラケシュにオープンした2つのイヴ・サンローラン・ミュージアムは、ファッションだけでなく、彼らがフランスの文化にとって、どんなに重要な「才能」だったのかを感じる場所のような気がします。

入り口で、サンローランが迎えてくれます。
YSL andy

アトリエもそのまま残されています
YSL atelier

エキゾチックなサンローランらしい作品

YSL exotic YSL exotic2

ドレスも素敵

YSL dress YSL dress2

モンドリアン ワンピースもモダーンです

YSL mondrian

でも、何といっても、カッコいいのは、時代を変えたパンツスーツ

YSL smoking YSL smoking2


マルジェラ展をやっているガリエラ宮から坂を下って行けば、10分ほどですので、こちらも覗いてみて下さい。

2018年4月18日


<<  信州花見旅  |  ホーム  |  DAIMYO @ Guimet  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/286-b4923cd6

DTIブログって?