容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

岡本太郎美術館

  1. 2018/06/21(木) 18:14:26|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
梅雨の晴れ間に、川崎の生田にある岡本太郎美術館に行ってきました。
以前から面白そうだと思っていたのですが、最寄りの向ヶ丘遊園駅からも結構遠く(15分ほど)、なかなか腰が上がりませんでした。
今回は、企画展として、岡本太郎の撮った写真を展示しているという記事を新聞で読み、思い切って出かけて行ったのですが、「太陽の塔」にフォーカスした常設展も面白かったです。

まず、美術館のある生田緑地の環境にビックリ。
都会の真ん中にホタルの飛ぶ水辺も残し、各地から古民家を移築してつくった日本民家園も立派そうです。
菖蒲園は、残念ながら盛りを過ぎていましたが、森を抜けていくのは気持ちの良いものでした。

ikuta

森を抜け、池を過ぎると美術館

ikuta2 ikuta3

美術館の中は撮影不可ですが、椅子やテーブルなどインテリアが並んでいるコーナーだけ写真を撮ることが出来ました。
もちろん岡本太郎のデザインです。

okamoto taro

okamoto taro2

坐ることを拒否する椅子。
確かに坐ってみると、お尻がゴツゴツ痛いです…

okamoto isu


企画展 「岡本太郎の写真|採集と思考のはざまに」は、ほとんどがモノクロームの写真で、岡本太郎自身が各地でとりあつめ、「採集」したものです。
著書の中に使われている縄文土器や、沖縄久高島の巫女の写真などを見て、彼の他の写真を見てみたいと思っていたのですが、想像以上に存在感のある写真が並んでいました。
写真は、パリに留学していた時に、マン・レイやブラッサイに手ほどきを受けて始めたようですが、物事の「芯」を感じ、とらえることが出来た人だったのだと痛感しました。 旅の同行者である秘書の岡本敏子氏は 「いつこんなものを見ていたんだろう、とびっくりさせられるし、〜〜〜 一緒に歩いていても、岡本太郎の目が捉えていた世界を、私はまるで見ていないんだな、といつも思った」と、話しています。
また、留学中、パリ大学で民俗学や文化人類学も学んだとのことですが、その視点が南米や沖縄の人々の写真を撮る時のベースになっているようにも感じました。

岡本太郎というと、「芸術は爆発だ」という言葉が有名で、変人で、エキセントリックというイメージですが、彼の撮った写真を見ると、とても繊細な人だというのがよく分かります。
写真展は7/1日までやっていますので、少し遠いですが、生田緑地のお散歩もかねて、足を運んでみて下さい。

2018年6月21日



<<  柚木沙弥郎の染色@日本民藝館  |  ホーム  |  石切神社  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/293-83548469

DTIブログって?