容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

新薬師寺

  1. 2018/08/06(月) 12:49:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
百毫寺から、新薬師寺までは雰囲気のある小道を歩いて行きましたが、「山の辺の道」という表示がありました。
明日香から山の麓を通って、続いているのですね。

新薬師寺は、奈良の大仏様をつくった聖武天皇の病気平癒を祈願して、光明皇后が創建。
東西の塔をはじめ、沢山の建物が存在していた時代もあったようですが、奈良時代から現在残っている建物は本堂だけのようです。

shinnyakushiji

この本堂の中に、ここへ来た目的である十二神将がおさめられています。

jyuunishinsho

ご本尊である薬師如来を守る12の大将が並んでいる様は壮観です。
薄暗がりの中でよく見ると、それぞれの像の作者が違うようで、表情や手足の動き、着ている服のユラユラゆれる様など、一人一人が個性的な表現をしていて、なかなか面白いのです。
中でも勇壮なバサラ(伐折羅)の姿は何ともカッコイイものでした。

basara basara color

十二神将像は、奈良時代につくられた塑像。塑像というのは、木の骨組みに縄を巻き付け、そこに藁を混ぜた粘土をつけて形をつくる、つまり、土壁と同じようにつくるのです。
今の姿は白っぽい感じで、「奈良時代の素朴さが〜」と、誤解してしまいそうなのですが、出来た時には極彩色だったようです。
右の写真は、今でも残っている部分的な彩色をもとにCGで再現したもの。
その再現の様子を映像でみることができ、とても興味深いものでした。
新しいテクノロジーのお陰で、天平の人々の美意識を覗き見ることが出来ますね。

東大寺や春日大社からは少し離れているので、観光客も少なく落ち着いています。

2018年8月6日






<<  百毫寺  |  ホーム  |  縄文展  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/297-bb70b71c

DTIブログって?