容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

縄文展

  1. 2018/08/14(火) 13:34:01|
  2. ミュージアム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先週、台風の通過した直後に縄文展を見に、上野に出かけていきました。
メディアでいろいろと紹介されていましたが、生活に使っていた土器から土偶や装身具まで、一堂に会した展示品の迫力は圧倒的で、期待していた以上でした。
静かに鑑賞する絵の展覧会とは違い、親子連れも多く、お母さんがどうやって縄目をつけるか子供たちに教えていたり、人型モチーフが隠されているという土器の前でそのモチーフを探していたら、小さな子供がお母さんに 「ここ、ここ。人が万歳しているよ」と言っているのに、教えられたり、和やかで楽しい会場となっていました。

最近では、1万年も続くサステナブルな社会を営んでいたと、縄文時代を桃源郷のようにとりあげるテレビ番組もありますが、獲物がなければ死に直結する生活はやはり苛酷なものだったのではないでしょうか。
1952年に、縄文の美を「発見」し、その素晴らしさを紹介した岡本太郎は、苛酷な狩猟時代だから生まれた美学で、「縄文土器のもっとも大きな特徴である隆線紋は、はげしく、するどく、縦横に奔放に躍動し、(・・・・・) あらゆるアクシデントをくぐりぬけ、無限に回帰しのがれていく。あきらかにこれは獲物を追い、闘争する民族のアヴァンチュールです」 と言っています。
岡本太郎すごいです。太陽の塔の源は、ここにあったのですね。

今回の縄文展の最後のコーナーは、岡本太郎の撮った写真とその実物が展示されていて、興味深かったです。ここだけ写真撮影可でした。

土器の後ろの写真は岡本太郎が撮ったものです。

jomon

下の展示ケースの右側の写真も岡本太郎の撮ったもの。

jomon okamoto jomon okamoto2


今回は国宝6件が集結しているというのも目玉です。
たしかに、6件の中でも『縄文のビーナス』や『縄文の女神』などの土偶は、人々の思いもつまっており、国宝というのが納得できましたが、火焔土器は他にも素晴らしいものがあり、「どうしてこれだけ国宝?」という疑問がわいてきました。
説明を読んでいくと、アイテムそのものの美術的価値も重要だが、どういう状態で出土したかという背景も大事で、なかなか国宝とは認定されないということでした。

jomon venus

『縄文のビーナス』が出土した時の写真です。
どの層から、どんな風に出てきたかで、この像が使われていた背景などが推定できるので、出土状況が重要なのですね。
発見されてから掘り出すまでの1週間ほど、24時間寝ずの番をしたという、この像の出土にかかわった茅野の考古館の方の苦労話が、カタログに書かれていました。
実は、私は、学生時代に考古学者になろうと思っていた時期があり、夏休みになるとあちこちの遺跡の発掘調査に行っていました。
土の中の『縄文のビーナス』の写真を見たら、暑い夏の炎天下の発掘現場の光景が蘇ってきました。

2018年8月14日



<<  新薬師寺  |  ホーム  |  ジェノバの橋崩落とベネトン  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/298-d582bc8e

DTIブログって?