容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ジェノバの橋崩落とベネトン

  1. 2018/08/24(金) 14:25:11|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
先日イタリア・ジェノバで高架橋が崩落した事件の映像をテレビで見た時には、大変驚き、老朽化してきている日本の高速道路でも起きる可能性は大だなあ〜と、思いましたが、本日配信されてきたファッション関係のメルマガを読んで、さらに驚きました。
崩落により43人の死者を出した高架橋を運営していたのは、ベネトン傘下のアトランティアという会社だったというのですから!
日本の繊維関係の業界紙でも、一般紙でも、なかなかとりあげられないニュースなので、その内容をお伝えしておきたいと思います。

ベネトンは、「United Colors of Benetton」というブランド名で、ニットを中心にカジュアルウエアを展開しています。

benetton

ベネトン一族が自社でニットウエアを生産し始めたのは1960年代半ば。
一時は日本でも、あちこちに店があったので、繊維業界に関わっていなくても、皆さんご存知のブランドだと思います。
カラフルで、まずまずリーズナブルな価格だったので、私も昔買ったポロシャツが、今でもタンスの中に入っています。
しかし、80年代後半に、ユニクロやZARA等のファストファッションが登場し、さらに安価で、カラフルな商品を提供するようになってからは、ベネトンは苦戦を強いられ、20年ほど前からインフラ事業への参入を開始したとのこと。
90年代初めに、イタリアでは公営企業の民営化が相次ぎ、ベネトン一族はその流れにのって、高速道路の管理運営事業という全くの異業種に手を伸ばしていったというのです。
インフラ管理企業のアトランティアをはじめ、レストランを運営するアウトグリル(Autogrill)等の異業種事業は、本業のファッションブランドをはるかに上回る利益をもたらしているそうです。
アトランティアの売上高は2000年から3倍に増え、近年では、ブラジルやポーランドなど国外の高速道路も買収し、イタリアとフランスの空港にも手を広げているとのこと。
事業は順調に拡大していたようですが、老朽化した橋のメンテナンスは後回しにされ、ジェノバの事故の後、地元の人が、「橋からぼろぼろとコンクリートのかけらが落ちてくるので、怖くて使わないようにしていた」と話していました…

日本では、今、水道サービスの民営化について話題になっていますが、安易に「効率化」を求めて、私達の命にかかわる公共事業を民営化してしまうのは怖いです。
最近、日本の大手のアパレル企業も、レストラン事業等の異業種に乗り出していますが、たとえ民営化されても、高速道路の運営に参入するというのは、ちょっと考えにくいですね。

ベネトンはどうなってしまうのでしょう…
稼ぐために手を伸ばしたインフラ事業が命取りになってしまうのではないでしょうか。

2018年8月24日




<<  縄文展  |  ホーム  |  rooms experience 2018.9月  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://millybisjapan.dtiblog.com/tb.php/299-ded8a971

DTIブログって?